動物と人間の関係性 彼らから学ぶべきこと3

昨年ハムスターの雌のココが8匹のベイビーズを産んだ数週間後に、続けて5匹のベイビーズを出産しました。

出産後、二週間くらいして、外に出たがる彼女を出したときに、迷路の中にいたコニーが出てきて、一瞬、追いかけてくっついたかのようにみえたことがありました。

そのときだったのだと思います。

Continue reading “動物と人間の関係性 彼らから学ぶべきこと3”

Sponsored Link
Pocket

理想のSEX

いきなり、すみません。
個人的なSEXの理想を書かせていただくのと、お勧めの本を紹介したいと思います。

そもそも日本人はこういう話題を避ける傾向が強いのですが、そこが私には不自然に見えてしかたありません。

Continue reading “理想のSEX”

Sponsored Link
Pocket

私が創りたいもの

クリエイターについて長男と語りました。彼もゲームクリエイターの職についていますが、やはり、誰も真似ができない、どこにもないものを創造することに私たちは悦びを覚えるところがよく似ています。だから、彼も歩くことを信じたのだと思います。

彼もクリエイターとしては師匠を持たず、専門的な勉強はしていません。私も同じです。

とは言っても、孤島に独りで生きていたなら私たちの創造力は生まれてこないでしょう。

だから、自分の人生すべてを師とし、過去に私を罵倒した人々からも学び、すべてを血肉としています。

2作目は、Webで公開したものとは異なるノンフィクションファンタジー(私の造語)というカテゴリーで「事実は小説より奇なり」というタイトルで書こうと思っています。

まだまだ体現が足りないので、きちんと自分で体現したことをストックして「奇跡は準備ができた者にだけ訪れる」よりさらに濃い事実を表現するつもりです。

コピペは嫌いです。
体得体現に徹しながら創造していきたいと思います。

 
 
 
Sponsored Link
Pocket

受容したら生き方が変わる

 

人生には悲しいことや辛いこと、様々なことが誰しもあると思います。

 

時に人は、その苦しさから、見てみないふりをしたり、考えないことにしたり、綺麗に取り繕ったりして誤魔化してしまうものです。

 

もしもそれで、毎日が平和で幸ならいいのですが、心に何かがひっかかったままで誤魔化し続けていたとしたら、自分が自分に嘘をつき続けることになって、身体にもよくないと思うのです。

 

だから私は、出来る限りつらい現実を直視します。

誤魔化し続ければ何も変わらないし、また次の問題も誤魔化してしまうでしょう。

とにかく全部、なんでもいったん受容してしまうのです。

 

もちろん、自分の馬鹿さ加減に落ち込むこともありますが、自分の弱い部分を把握するにはもってこいです。

どうせ完全無欠のニンゲンなんて存在するわけないですから・・・・

 

全部受容していると、成功も失敗も含めて、自分の取扱説明書みたいなものが出来上がります。

 

そうすると、ひとつずつ失敗が減っていくと思うのです。

 

何が好きで何が好きでないのか、潜在的な自分も見えてきます。

 

自分が何に価値を感じているのか、優先順位もわかります。

 

そうすると、なんていうか、覚悟みたいなものが出来るんですよね。

 

全部直視するということは、言い訳をしないということです。

 

出来ないものは何が不足しているのかとか。

 

やりたくないことはなぜやりたくないのか。

 

逆にどんなに言われても決めたことは諦めないとか・・・・

 

つまりは自分の人生を自分で責任をとっているような感覚になります。

 

そして強くなりますね(笑)

 

誤魔化すのも一つのリスク管理、メンタル面を守っているのでしょう。

 

私は誤魔化して守るのではなく、強くして守る方法をとったのかもしれません。

 

起こることは必然

 

だとするなら、何が起きても受け入れるしかなくなります。

 

 

 

 

今日もみなさんありがとう。

 

 

 

 

 
Pocket

万物に愛を

誰かのために懸命にエネルギーをかけて、なんのメリットもないように見える行為をただ愛のために続けて、時に悲しく

Continue reading “万物に愛を”

Pocket