学校の先生方が娘に必ず問いたくなる我が家のこと

娘の懇談があった。

それ以前に娘が色々と悩みを相談していたので、先生はやはり家庭事情を聞きたくなる。

だって、私たち夫婦の個人情報を資料として、提出してあるから。

 

聞きづらいことなんだけど····その······お母さんの結婚相手とは·········

大丈夫なのか?

 

 

私達のこの年齢差から、なにかと学校関係者は娘のいらぬ心配をしてくれるので、こういう懇談などの直接学校に出向くときに、三人で行くことにはとても意味がある。

 

担任の先生ももちろん、この家どうなってんだろ?って思うだろうし、中学のときも同じことを担任の先生に言われて、何度か夫と、元夫と全員で行ったりしていた。

 

夫は息子とひとつしか変わらないけど、立ち位置はやはり娘にとって兄ちゃんではなく、だからこそ、娘から夫への期待度もとても大きくて、彼は彼でその辺が大変だと思う。

彼は娘の性格もよくわかってくれていて、こうして私がストレスなく娘と住めたり、アフリカなどへ行けることも、彼のお陰と感謝してる。

 

百聞は一見にしかず、と先生。私達のことを見て話を聞いて、何となく理解してくれたようだ。面白いと言っていた。

 

でも、娘のこともきちんと考えてくれていて、何でも聞くぞと言ってくれた。いい先生に出会って娘は幸せだなと思った。

 

私の男性の知人たちも、同じ問いを投げ掛けてくる。

 

娘さんに····旦那なんかしたりしないの?

 

それだけ世間には暴力や性的虐待は多いということなのかと、少々日本に溜め息をつく。

 

 

 

ごめんなさい。他人よりもわが子の方が断然大切なので、娘になにかあれば旦那は死んでます(笑)

※写真は一緒に亀をのぞく夫と娘

 

今日も皆さんありがとう

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です