肌断食なるものを一ヶ月続けてみたら

普段から自然治癒力を高めることに重きをおいて、食事や子育てや、果てはベランダの植物に至るまでそれをイメージする生活をしています。

なのでサプリをとり続けて、本来の自分の力を落とすことや、何かをぬりこんで真皮にまで化学物質を届けてしまうのは気持ち悪くて手作りで基礎化粧品やファンデーションを作ってきたわけです。

肌においても塗り込んで綺麗に、の逆転の発想をしてみました。

いくら手作り化粧水や美容液やファンデーションを使っているからといっても、何だか矛盾を感じていたんですよね。

どこまで必要なのかって。

で、いろいろ検索していると、肌断食なる言葉を見つけ早速試してみることにしたのです。

期間 五月末~現在進行中

日焼け止めは数年前から使っていませんでした。

ファンデーションは自分で作る、いわゆる石鹸で落とせるものです。

化粧水は15年くらい手作り。

美容液も手作り。

アイメイクのみ市販のものを使っています。

口紅は塗らずに無添加のリップグロス。

普段からこんな感じで化粧時間は3分くらい。

我が家に宿泊する友人たちが、私の素顔を見てもなんら驚かない程度の化粧が若い頃からのポリシーです。笑

 

そして今回、無謀にも、夜のケアを一切やめました。

日中もファンデーションはほぼ使わずアイメイクのみででかけました。

家にいる日は化粧はしませんでした。

クレンジングはもう10年以上していません。

石鹸を泡立てて洗うか、クレイのパックを作ってそれで洗ったりもします。

 

普段からこんな風なので、年齢のわりには肌力はあるかもしれません。

でも、やはり四捨五入したら50歳になるわたくしですので、洗顔のあとは顔がつっぱり、保湿と油分はもう外せないと思ってました。

ところが、夜のケアをやめて二日目くらいにはもう、

朝起きても、きちんと手のひらに肌がくっつく。夫に聴いても、問題なし。

化粧水と美容液を毎日塗っていたときとなにもかわらない状態です。

自分で保湿と皮脂膜ができてるのかな。

 

夏という季節もあって、冬ほど乾燥しないし、このまま続けてみようと思ってます。

 

私は南太平洋やアフリカの熱帯の途上国に住みたいので、紫外線などワーワーいってられません。肌力を高めとかないと色々危険でしょう。私は黄色人種だし。

 

でも、現地の50代女性が30代くらいにしか見えないのを目の当たりにすると、本当に紫外線は老化に繋がるのか?と疑問に思います。

 

化粧なんてほとんどしてないですから、彼女たち。

 

彼女たちは見た目も若いし、シワは少ないし、太っていてもくびれてるし、子どもはどんどん生まれます。だから日本の常識をとてもとても疑っています。

 

自分で試すしかないので、やってみましたが、肌の自然治癒力が高まったことは確かだと思います。

 

私は完璧な紫外線対策はしないし、熱帯の地域ばかりにいくからか、ここ数年でシミも増えました。先日も日傘も持たずに海辺の崖っぷちにいって、上向いて寝てました。すごい日焼けしてました、当然。笑

IMG_20160626_084840

IMG_20160626_084739

(これ修正はしてないけど、ビューティーモードとかいうのになってるようで、実際よりは綺麗に映ってます。)

 

 

私はあまり細かいことを気にしないタイプで、それより、シワシワだけは避けたいなという感じです。一応、紫外線などで酷使した肌をリセットするための手作りパックくらいは月に数回はしてます。(気やすめです)

 

夫が年下なので、そのうちあまりに私の老化が進んで、彼がいやがったら韓国でシミやホクロくらいはとるかもしれないけど、今のところは自分の身体の神秘に働きかけることを楽しんでいたいと思っています。

 

綺麗になる、ではなく

人体の不思議に働きかける面白さ➕自然との共生

を楽しんでおります。

 

だから、人工的なサプリメントや化学薬品はできる限り避けたいなあと。 

 

老化は自然ですから。

 

もう、死ぬほうが確実に近い年齢なので、生きることに有意義なことへエネルギーを使いたいと思ってます。

 

肌断食は私にとっては健康管理のひとつみたいなものですね。

 

皮膚は排泄器官ですから力を高めたいなと。

 

周りの人に迷惑をかけないため、自分がコロッと逝けるように健康管理を怠らないことが大切ですね。

 

恐ろしくて真似できない人はやめてくださいね。笑

 

今回は自分の肌を酷使?して遊んでみました。

 

またアロマで楽しみながら頑張ります!

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

※写真転載は著作権の問題でお断りしております。ご遠慮くださいませ。

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です