母親神話について

SNS は子どもにでも使える日本。

バイトで書いた、素人ライターの「⚫⚫に必要な10の特徴」に一喜一憂する人々。

そして何より大人たちの「間違ってはいけない」のオンパレードと「重箱の隅をつつく」炎上や批判する心の狭さ。

間違うのが怖くて発信すらできず、毎日「見るだけ」の若者たち。

あなた方のその完璧主義は、その背中を見る次世代、子どもたちにまた「間違ってはいけない」ということを刷り込んでいる。

人間って失敗しなきゃ、生きてこれないはずなのに。

赤ん坊は何度も転んで走ることがうまくなっていくし、勉強だって間違いながら覚えていくし、大人だって初めての経験ではうまくいくかどうかなんてやってみなくちゃわからない。

でも、そのチャレンジして失敗した人を、まるで自分が完全な人間かのような態度で、嘲笑い、責めるようなことはしたくない。

 

そんな大人を見ると、子どもたちは完璧でなくてはいけないと思うあまり、チャレンジすることから遠ざかってしまう。

私はいまだかつて完璧に何もかも出来る人と会ったことがない。

 

母親として母親たちの話を聞いていると誰もががんじがらめになっている「母親神話」のようなものがあることに気が付く。

 

母親神話でがんじがらめなのは母親だけではない。子どもも同じだ。

昨日まで育児の経験もない女性が、母親になったとたん完璧を目指す。

日本の母親神話によって「母親とはこうあるべし」を押し付けられ、自分自身もそのギャップを隠すために「みんなと同じ」を取り繕い「私も出来ている」をアピールする。

向上心はいいのだけど、それでもできないことはある。得手不得手は誰にでもあるから。

完璧ぶる方が不自然だということに本人たちは気づかない。

だからそれを見てきた子どもも「皆と同じ間違ってはいけないと思いこむわけなんだろう。

大学生になっても「うちのお母さんはこれができない、あれができない」と私に言う男子が何人もいた。

いや、当たり前でしょって。

私が得意なこととあなたのお母さんが得意なこと、学生時代に戻って考えてみて。同じわけがない。

そして大人になって、母親ができないことをわかっていながら、助けてあげない君らはなに?って。

もちろんそんな子にしたのは紛れもなくその母親なのだけど。

日本全体の風潮って怖いなあといつも思った。

 

お金を払わないとお手伝いが出来ない子どもは、お金をもらわないと動かない大人になる。

経済観念はそんなものでつくものではない。

一つ屋根の下に暮らす家族と助け合えないものは他人とも助け合えない。

親が教えるべきことは、家族の問題をみんなで乗り越える力であろうと私は思う。

 

自分にできることをするのは当たり前のことだ。

結婚して生活が苦しいなら家族みんなが寄せ集まって暮らせばいい。

優先するのは虚栄心ではなく、幸福感だ。

 

あなたはいったい誰の価値観を自分のものとしていますか?

失敗することも人と異なることも当たり前なのに、必死で隠していませんか?

なんのために?

 

それで幸福ですか?

満足ですか?

誰に優越感を感じたいのですか?

それはあなたの子どもにとって必要なものですか?

 

 

多分子どもたちは素直な親を無条件に受け容れてくれる。他人ではなく自分の子に目を向けたなら、きっとそこに気付くとはずだ。子どもの方が得意なことがあるなら、子どもに助けてもらえばいい。助け合おうとしているのはいつの時代も子どものほうだと思う。彼らがそんな優しい気持ちを忘れないで大人になっていくことを願ってやまない。

 

どうか日本の未来に生きる子どもたちの瞳がいつもキラキラしていますように・・・・・

 

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket