創造主になる

私が誰かの教えを安易に信用しないのは、道筋を得たいからです。

脳の表面にcopy&pasteしても、道筋は見えません。

 

出口がわからないとき、その手前まで道を歩いてきて、

そこに答えのようなものが現れる、というようなことが、他者の何か、動物の何か、自然の何か、宇宙の何かから導かれることはもちろんあります。

 

○○式であるとか、個人を崇拝とか、宗教に嵌まるとか、まず生涯ないでしょう。

 

なぜなら、何もかもを自分で辿って納得したいという欲求が強いからです。

 

また、銀河系にある地球のなかの、日本だけに偏ったモノの見方や考え方は、私の中ではあてにはならず、現時点、自分の脳の深部から思考回路がのびて表面までしっかりと繋がっていることしか、知識や知恵としては信じていません。

 

これは常にアップデートする余地があるので、さらに枝分かれしたり、伸びる可能性を孕んでいます。

 

たとえばそれが、至福であったり、治癒や癒しである場合、しっかりその道筋を伝えることができたなら、平和な世界創造に貢献できます。

 

核は愛

その先にあるのとするのは

死ぬ瞬間、絶対に後悔しないこと。

 

何かを貫くことで、それを見た人が、思い込みをはずし、自分の可能性に気づくきっかけになれば嬉しいと思います。

 

 

人の幸せは嬉しいものであり

人の不幸は悲しいものである

 

本来は誰しも自由です。

不可能と決めつけず、ファンタジーの世界のように自分の未来を創造しながら、体現していきたいと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です