注目するから見える

Sponsored Link
ものごとは注目すると見える

 

どういうことか、わかりますか?

 

夏にこんなことがありました。

 

いつもの道を買い物帰りに通っていました。

 

そこでふと、「そろそろハイドランジアの季節だな」と思ったわけです。

 

そうしたら、公園の片隅に見つけました。ほら!

IMG_20160520_112613

この一つ一つをじっと見ると、とても色のグラデーションが美しくて、独りで感激してたんですね。

 

花は、厳密に云えば咢らしいですが、数個しか開いていません。

でも、開いた手鞠状の紫陽花よりずっと美しいと私は思いました。

実は個人的には紫陽花はあまり好きではありません。

 

そして紫陽花に注目したからこそまた目に入ります。いつもの散歩道で。

 

今度は少し離れたところに青系のハイドランジアが。

 

土の酸性度によって、色が決まると云われています。ピンク系だったり、青系だったり。

IMG_20160520_110934

 

さらに歩くとまた、別の品種を見つけました。

IMG_20160520_111756

 

 

そして、公園の下草としてひっそりと咲いている名前も知らない花····

IMG_20160520_111118

この花は多分ずっとこうして咲いていたのに、華やかでないし、とても小さいため、毎年公園で目に留まることがなかったのです。

 

IMG_20160520_111607

これは、花が満開の頃までは日本中から脚光を浴びる桜。

葉っぱと鳥についばまれた後の少しの実など、誰も見向きもしません。華やかな時期だけに注目されます。

 

 

こんな風に、自分の中でなにかに注目してみれば、それが見えるのです。

意識していないとみつからないこともあります。

 

あなたの前にもなにかがある

 

それは今まで静かに傍らに横たわっていたようなもの。

 

注目しなかったから見つけられなかったもの。

 

 

たとえば都会のビルの中で暮らしていても、こうやって意識を変えれば、美しいものはあって、この積み重ねが自分の人生を煌めくものにしていくのだと私は思っています。

だからこそ、美しいものにいつも注目していたいと思うのです。

 

ビジネスでいう「アンテナをはる」ってことと同じですね。

 

女性に注目したら道行く女性を見つけられますよね。

メロンに注目したらスーパーでメロンが目に入ります。

 

多分みんな興味のないものの前は素通りしてしまっていると思うのです。

それと同じように、注目していなかったから見えなかったことがすぐ目の前にでもあるはずなのです。

 

たとえば嫌いだと思っている人のいいところ。

別れたいと思っている相手が自分にしてきてくれたこと。

他にばかり注目していてきづかなかっただけで必要な人が実は目の前にいた、なんてことも。

 

全ては繋がっています

 

 

全部がもう揃っているのかもしれません。

 

今日はいつもとちがう「美しいもの」に注目してみてください。

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です