ゼロに戻る

Sponsored Link

「ゼロに戻りたい・・・・」

その真意を私はすこし取り違えていたようだ。

人は生きている中で、ふと立ち止まりたい時がある。

振り返りたい時もある。

何もかもをリセットしたい時もある。

彼の真意を聴いていると、それは私の今の状態に近いものなのだと感じた。

 

以前はもっと一般的なものだと捉えていた。

だけど、その方向はかつての彼とは縁遠い世界に思えるものだった。

 

日本人はほぼ全員システムに洗脳されている。

私はそれを頭に常に置きながら、誰にも支配されない世界を目指している。

これを時に人は「生きる力」と呼び、「自立」や「自律」などとも呼ぶ。

 

この脳の靄みたいなものをクリアにする作業は、私にとって生きる目的のようなもので、人生に関係のない他者の動向に一喜一憂するよりも、血肉として殺してきた数々の生命を活かすためにもそれに命を使いたい。

それが私なりの懺悔であり感謝である。

 

支配欲や虚栄心、善人仮面を被ること、狭い世界観の中でのみの他者との闘いなどで「優位」に立つことは、生きることにおいて私には何の興味もなく、徹底的に自分を追求することが、個の満足につながると信じている。

ネガティブだと自分を評価する人は、他者との間で常に「優劣」を決めつけていて「正誤」もジャッジしている。

自己を劣性だとみるから苦しく、または優性と判断しているのに「誰もわかってくれない」と嘆く。

どうでも良いことなのだ。他者の判断など。

 

私が目指す人間との関係性は、自分を貫く者同士の自然発生的に起こる相互扶助である。

ここに介在するのは好き嫌いだけであって、支配ではない。

 

だから一番になるのはコントロールである。

 

二者の間にある支配関係は、日本の母子によくみられる。多分あれは子どもを自分の所有物とみているのだろう。幾つであっても相手は自分とは「別の人」だ。物理的に守ってやらないといけない状況は発生するが、相手の人生を自分のものとするのは愛ではないと私は考える。

 

自分の人生を、親といえど、不本意にもあけわたさないといけない子どもたちの悲しみ。

自分の孤独の穴埋めや世間体を繕うために、誰かに何かを強いることは、私には愛ではなくエゴにしか見えない。

 

友人であっても、家族であっても同じで、世間でたとえ100人中100人がおかしいといっても、本人がDV男と一緒に生きたいというなら、それはその人の自由である。

愛人が4人いるという知人がいたが、それも彼らの関係が成り立っているなら他人がわざわざその関係を潰しに入る必要性が見当たらない。

 

人の幸せは嬉しいものであって

人の不幸は悲しいものではないのか?

 

その絶対的な個々の命の尊重があるうえでの共生が真の相互扶助に繋がると私は考えている。

なので

去る者追わず 来るもの拒まず

 

彼のいうゼロに戻りたい

生まれた時からの洗脳をときたいに近い。

 

世間体や綺麗事など、そもそも人を騙す行為にしか感じない私は、あの文化が好きではない。

また自分を善人に見せる必要性が全く感じられない。

 

もしも自分でよくないと思うことがあればしなければいいというシンプルな発想で、つまりは隠すことなど何もないということになる。

 

こうして淡々と生きる私の近くにいて、とても苦しくなる人もいるが、生き方が私と違っていても自分を本当に貫いている人は何も苦しそうではない。こちらも見ていてすがすがしい。

私がそうしてきたから、子どもたちも自分の人生を自分で選択する人間になった。だから彼らの幸福は決定していて、何の心配もない。

 

勘違いしないでほしい。

幸福=長く生きること

ではない。

 

彼のゼロに戻るという言葉は、自分に還るということだと思った。

私がずっと見たかった姿だ。

 

なぜならそれが彼にとって一番幸福な道だろうと思っていたから。

 

そして、システムに洗脳された人々とは異なるものを、どんどん体現していけたなら面白い。

 

私は名前がなくても生きている

これが事実である。

 

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です