魂と肉体の乖離

肉体が欲するものと魂が欲するもののギャップをいかに埋めていくか、そんな作業を子どもの頃からしていたように感じます。

 

多分、それは記憶にあるところの、一、二歳くらいからで、自分が遊ぶことが優先ではなく、遠目に大人や子ども、人間全般を観察していたように想います。

私の持つ魂と肉体の乖離のイメージは、一個体でありながら、自分で自分をよくわからず、コントロールさえできていない状態。

 

たとえば、膨大な時間をかけて「勉強」したはずの日本人が、考える知能を持っているはずなのに、単なる脳の電気信号にとらわれて、栄養が足りているのに食べすぎることや、周りを不幸にするのに性欲に負けて不特定な相手とセックスすること、人間だけが創造したシステムを、それしか方法がないと思いこむことなど、これらはすべて、魂と肉体の乖離している状態にしか見えないのです。

 

動物を見ていてると、人間に矯正的に虐待されたり、殺戮されるために閉じ込められたり、実験されたりする彼らの魂を無視した生かし方は、もちろん、乖離状態に見えますが、自然の中でたとえ、肉食動物に草食動物や小動物が食われたとしても、その瞬間まで、彼らの肉体と魂が乖離してるようには見えません。

 

幼少期から、私は多分、そんなところを見ていて、不自然な人間に大きな違和感を持ち続けてきました。とりもなおさず、自分でさえ、乖離状態にあって、それをできるだけ失くすためにここまで来たように思います。

 

今でもまだ、完全にそれは埋まることはなく、道の途上にあることは自覚しています。しかしながら、過去に出会ったすべての存在のおかげで、それらはかなり狭まったように思います。

 

大切なことは、空を見ることでした。風を感じて、樹々を見ることでした。種を蒔いて花を見つめることでした。生命と真摯に対峙することでした。そして、自己の魂に問いかけることでした。

 

人間に、この世界のことがわかることはないと、小さな頃から思ってきましたし、今もそれは変わりません。誰の意見も正しくはないし、結局、世界というものは、自分のフィルターで見たものだけでできています。

 

人に教えることはある意味無駄な行為で、各々がたくさんの生命を殺しながら、自分の血肉として生かし、それを自覚し、死ぬまで単に生きることしかないと思うのです。

 

わざわざ、魂と肉体を乖離させて、魂の求めるものをごまかし続けなくても、所詮優劣も正誤も善悪もないのだから、何にもとらわれず自由に生きれば良いのではないか、と私は考えるのです。

 

真実の追求なんてことを、子どもの頃からやってきましたが、現時点、私の感覚では

 

真実は虚無

リアルはファンタジー

 

これにつきます。

 

悲しみや苦しみは魂から乖離している状態。

 

何もかも、魂に素直に生きていれば、人間たちがここまで苦しむことはなかったのではないかと思えて仕方ないのです。

 

優劣も正誤も善悪も、心配しなくても地球がジャッジするでしょう。

 

誰かがジャッジするなんて陳腐すぎるのです。

 

 

そんなことを考えながら、今日もまた

殺した命に懺悔と感謝をささげます。

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です