心理学からみる愛の8つのパターン

愛は大人でも子どもでも感知できるので、大人だから本物で子どもだから偽物だとは私は考えていません。

なので基本的にはだれにでも当てはまると思うのです。誰か大切な人との関係に役立ててください。

男女間にあるのが友情なのか恋愛なのかを確認するのにも使えると思います。

最近、愛について様々な角度から復習?!してみようと、体感してきたことや巷で信じられている科学的なものなど整理しています。

ただし、科学的な引用においてはこう考えておいてください。

 

科学とは明日変わるかもしれない不確かなもの - MAHIRO思考

 

自分の五感と第六感で感じることを最終的には信じてくださいね。

 

 

心理学者の三角理論

 

心理学者の有名なRobert Sternberが開発した三角理論というものがあります。

 

参照;Wikipedia

☆中心部の3つの言葉の説明です。

Passion・・・・情熱です。肉体的な欲求はこれにあたります。

 

Intimacy・・・・親密さ、繋がりを求めます。

 

Commitment・・・・約束のようなものです。お見合いや結婚などがこれですね。

 

 

これらをふまえてパターンが8つに分かれます。

 

心理学から見る8つの愛のパターン

 

☆外側の7つの言葉と愛がない場合(Non love)の説明です.

 

1、Non love・・・・情熱も繋がりも公言したり約束もない、または弱い。愛とはかけ離れています。

 

2、Linking・・・・親密さだけの関係。仲間や知人もこれにあたります。

 

3、Romantic love・・・・公約はないけれど精神的な繋がりや肉体的欲求もあります。

 

4、Infatuation・・・・情熱だけの関係です。ストーカーやアイドルのファンなどもこれにあたります。

 

5、Fatuous love・・・・情熱と約束はあるものの親密性がない肉体的な部分だけに依存している愛です。

 

6、Empty love・・・・公約だけの関係。親が決めた結婚や、仮面夫婦などはこれにあたります。

 

7、Companionate・・・・家族愛などに代表される肉体的な欲求を持たないものやプラトニック的な愛です。

 

8、Consummate love・・・・情熱、親密性(信頼)公約もできる理想的な完全型の愛です。

 

家族愛や友情まで含めてしまうと理解できると想います。

理想のSEXに書きましたが、どうも私は8番の完全型を目指しているようです。(笑)

 

私の場合、恋愛的な感情としては

静かに穏やかに共生していくような、少しずつ積み重なっていく愛

命を棄ててもいいくらい刹那的に、幸福の絶頂に到達するような深く求める愛

があります。

 

自分でも異なる愛の形だと以前から自覚していて、友人知人などはすべて同じLikingかConpanionateに当てはまり、肉体的欲求は持てません。

 

結婚生活においては完全型を目指したいですね。

 

Passionにおいては本能的な部分が関与していると思われるので、自分では多分どうすることもできないとは思いますが。

 

万物を愛するCompanionateだけでなく、全ての人といい関係を築いていけたら最高ですね。

 

 

今日もおつきあいいただき、有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です