自然治癒力を高める 4 経皮毒

環境に優しい人

グリーンコンシューマー

などとも呼ばれますが、消費者が自分の子孫のためにそれを使うことでどんな影響を及ぼすかということを、考え続けなければできません。

高校生の頃、現代社会の先生がバナナのプランテーションで、フィリピン人が手にする給料の額を教えてくれ、農薬の話をし、合成洗剤の危険性についても授業をしてくれました。

それがきっかけとなり、私は先ずは合成洗剤からやめました。

 

 

経皮毒

いまや誰しも知っている言葉だとは思います。私が知った当時はそんな言葉は聞いたこともありませんでした。

いまも高校の現代社会の教諭には感謝しています。

●経皮毒の怖さ

皮膚から血流にのって吸収し、皮下組織や身体に溜まってしまう毒素で、経口摂取よりも、体外に排出されにくくら母体を通して次代に受け継がれていくことが懸念される。

●どんなものが考えられるのか?

さほど知識は要りません。

自然のものでない材料を使っている製品は避けた方が無難でそれだけでかなり回避できます。

※ただし、自然だからすべて安心!ではありません。自然界の中には毒もたくさんあります。

 

例えば合成洗剤で洗った布巾で、豆腐の水気を拭いたとします。そこに蛍光剤が付着することを考えたことがありますか?

髪の毛を化学物質で染めたとします。毛穴から血流にのってその毒素が全身をめぐり、卵巣や子宮、内臓の至るところまでめぐることを考えたことがありますか?

受精卵は母体の血液で細胞分裂し脳や体が出来上がっていくことを考えたことがありますか?

小さなこどもが、なにも知らずに親から与えられた歯磨きで、粘膜からそれらを吸収していくことを考えたことがありますか?

流した排水がめぐりめぐってまた自分達に毒素が入ったまま返ってくるかもしれないと考えたことがありますか?

魚の体内にたまり、または魚が死んで、結果的に自分達の食べるものがなくなると考えたことがありますか?

 

外見に騙されない

ボトルが綺麗だから→あなたを美しくするような気分にさせるだけなのか、本当に美しくなるのか、冷静になってください。地球を汚すものはあなたの体も汚すはずです。

 

完全に安全なものはいまや、地球のどこに行っても存在しないかもしれません。

 

南太平洋のあんなに綺麗だと言われるフィジーの海でさえ、タヒチの向こうのムルロア環礁で、フランスが190回以上も核実験を行っているらしいので、魚に何が起こっているかは想像もつかないのです。

 

昔のままの手法で現代も使えることは、取り入れればいいと思います。

昔のやり方が本当に間違っていたのかは、検証してご自身で確かめるのが一番だと思います。

 

本来動物には、勉強しなくても安全か否かを察知できる感覚がある程度備わっているはずなのです。

その感覚器を潰されてしまった可能性は高いだろうと思います。人間が一部の人間によって。

 

下記は安全かどうかは確約はしませんが、私が30年近く使っているものです。

ボトルは質素、おしゃれではありません。おしゃれにしたいなら、硝子ボトルなどに詰め替えて使われたらいいかもしれません。

毎日使うものは、やはりきちんと考えて購入することが大切ですね。

●私が使っているもの

⬆これはリンスがわりに。洗面器に少しいれて、混ぜてから被ります。

 

 

ミヨシの回し者ではありません。ネットワークビジネスでもありません。

ある本で、ミヨシのことを読んだのがきっかけでこのメーカーにしました。

最初は粉せっけんの「そよ風」からはじめました。

溶けにくくて使いづらかったのですが、今は使いやすくなりました。

髪の毛はヘナとハーブで染めてます。

 

アフリカにも持参してました。

ミヨシのせっけん類と、ヘナは。笑

 

参考文献

 

賛否両論あると思いますが、こういうものにかえてから、手荒れは一切なくなりました。夫はアレルギーが治りました。娘はほぼ病院に行きません。

 

ただし一番大切なのは心です。

 

「しなければならい」という強迫じみた考えは余計に自分の身体をむしばみます。

「したい」と思うことをするのが一番です。

 

広義ではこの世に正しいと間違いはありません。自分に何があっているかなのです。

自然治癒力という点では、そちらの方がずっと大切だと私は思います。

 

吟味して納得してご自身で選択してください。

 

今日もみなさんありがとう。

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です