随筆 48

何かを打破したいとき

それが長期に亘る問題の解決をはかろうとしている場合

この言葉がいつも脳裏に浮かぶ。

 

過去と同じことをしていて

今までと異なる未来を望むなど

狂気の沙汰である

 

何かがうまくいかないとき、思いきっていままでとは180度方向転換してみればいい。

例えば、意思の疎通がうまくいかず、わかってもらおうと自分の気持ちを伝え続けたとしてもわからない相手なら、一切を無視すればよい。

相手を尊重し、自分を圧しつけずにそっと見守ってきた相手には、素直に自分の願望をぶつけてみればいい。

何かをしなくてはならないと思い込んで続けてきたことがあって、それに今、幸福を感じないなら棄ててみる。

これで、事態は動く。

よくなるか、さらに悪くなるかはわからない。停滞は免れる。

私は停滞が好きじゃない。

これらの180度の方向転換は、一般的に勇気を伴うものだと思う。

だけど、事実はこうである。

 

やってみないとわからない

 

明日死ぬとして後悔しないならそれでいい。

もしもそうでないなら、どうなってもその壁の向こうを見てみたいと私は考えてしまう。

心臓が止まってしまうかもしれなくても…、

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です