Fijiに三度目の渡航、今度は生活してみたpart 1

Sponsored Link

昨年の4月から5月にかけて、家を借りて一ヶ月Fiji生活をしてみた。

私は二度短期留学をしていたので、これが三度目。

今回はNadiから6時間ほどかかるビチレブ島の南端に住んでみた。

FB_IMG_1461901905229

Fijiが近づいてくると、雲海がちがってくるので、すぐわかる。長いフライトもなんのその、急にハイテンションになる!

FB_IMG_1461901917297

降りたらすぐに外気にあたるのだけど

うわぁ、フィジーのにおい!!

って跳び跳ねたくなるくらい空気が美味しい。

そしてフィジアンが出迎えてくれるのだ!

FB_IMG_1461901925581

フィジーソングを歌ってくれる。何曲か私も知っているけど、いつもこれ聴くと、とても安心する。

滞在先まで、バスで行くことができる、その前にロティが食べたくて、空港内のお店でロティ二つとマンゴージュースを買った。

そして、つかつかと外にいたフィジアン男性に英語でたずねた。

「バス乗り場ってどこですか?」

ついてすぐは、英語が聞き取りづらくて、半分くらいしか言ってることがわからなかったから、きっと少し場所が違ったんだな。

スーツケースを置いて、ロティを立ち食いしながら待ってたら、さっきの男性がやってきた。

そして、私とパートナーに

Come,come!

と大声で言いながら手招きして、ついていくといきなりその人のバンにスーツケースを積まれた。

「ちょ、ちょっと待って、私はバスに乗りたいの。」と言ったけど

相変わらずその人は

満面の笑みでCome,come!

これしか言わない(^_^;)

悪い人ではなさそうだ。しかしボッタクられるわけにもいかない。ならば有効にこのチャンスを使おう!と思って

Pacific Harborまで行きたいと言うことと、食材を買っていかないといけないからNadi townに寄ってくれとたのんだら、オッケーと言われた。

しかし、いくらか言わない。いわゆる白タクである。

普通の日本女性なら私みたいなことはしない。まあそこは、40過ぎてから一人で計画たてて途上国に行き始めた私なので、交渉してみることにした。

タクシーはどこも高い。だってタクシーの値段は日本と変わらないからね。

で、いきなり無茶苦茶な交渉に入る。

「じゃあ、二人パシフィックハーバーまで20ドルね!?」

と言うと、大笑いしながら、それは無理だと彼は答える。

「ん~、じゃあ、30ドル!」

「すごく遠いんだよ、それは無理だよ。」

そこを諦めずに圧してみる。本当にこれ、無茶苦茶なのか?それとも、観光だと思ってぼったくるつもりなのか?

結局50ドルで交渉成立した。

FB_IMG_1461901930993

Nadi town で、パートナーに荷物を見ててと頼んで公園でドライバーに待ってもらって、私は慣れたマーケットに走って行った。

買い物を一通り済ませて戻ってきたら、バンがいない!

パートナーにきくと、さっきのドライバーはそんなに遠くまで行かないから、この車に乗り換えてくれと言われて、スーツケースを積み直したって。

え?!さっき払った50ドルは?

知らない、とパートナー。

仕方ない、また新ドライバーに挨拶して、同じように目的地を伝えた。

結局5,6時間かかったのだけど、途中でそっち方面に行く人を次々乗せる。

あ、でもTanzaniaみたいに、このバンに17人も20人もは乗せない。シート通りね(笑)

で訊いてみた、ドライバーに。

「さっきの人からいくら払ってもらったの?私たちの運賃。」

「40ドル」

おー、さすがフィジアン、良心的。あの距離なら10ドルは妥当だ。

そして、貸家のオーナーに言われていた通り、Police postを訪ねると、警察官が歓迎してくれて、

「この、韓国映画おもしろいんだよ。あー、あそこに行くのね、待って、電話してあげるから。」

と、待つこと数分、オーナーが車で迎えに来てくれた。

よくわからない車に乗ってきたというと、危ない、そんなのに外国人は乗らないよと言われた。

そして、タクシーなら180ドルが妥当だったらしい。

町にも寄ってもらって、現地の人と同乗しながら楽しく初日の道程を過ごせたわりには、結果的に安かったな。

続きはpart2で!

(写真転載ご遠慮ください)

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です