幸せになるための簡単な習慣

とっても簡単なことなんですが、考えてみてほしいのです。

これは今すぐに、あなたにも、幼稚園児にでもできる習慣です。

こんなこと?って思わないで、こういうことだからこそ、考えてみてください。

果たしてそれを他者はどう感じているのか?

わが子はどう感じているのか?

 

  • 知らない人と道ですれ違うときあなたはどうしてますか?

 

  • 信号のない交差点で車同士で鉢合わせしたときどうしてますか?

 

  • 繁華街や歩行者の多い道で自転車に乗っている時、あなたはどうしていますか?

 

  • 道を譲ってもらった時、あなたはどうしていますか?

 

 

知り合いが見ていないとき

同じマンションの赤ちゃんを抱いたお祖母ちゃん(多分60前後)とお母さん(30代前半)は何度か会って挨拶しても無視して通りすぎます。

あの赤ちゃん。どんな人間になるんだろう?とすこし心配になります。

 

以前会社勤めをしていたとき、エレベーターで毎朝会う20代の女性がいました。二人しか乗ってないし、うちの会社より上の階に勤めている彼女。三年間挨拶し続けて、向こうはずっと無視。やっと頭をペコッと下げたのは移転直前。

「え?挨拶したらなんか悪いことあるの?!」

ってずっと思ってました。どんな家庭を築くんだろ?この人って。

 

繁華街の大通りを「絶対に右にも左にもよけないぞ!」って態度で直進してくる女性がいます。

自転車では、スピードを出すかなり利己的な男性の走行が見られます。

道を譲っても殆どの人は、ありがとうさえ言いません。

 

生き方は歩き方に表れています

 

仕事が絡むとき

ビジネスとなると、とたんにニコニコ笑顔で、過剰なくらいサービスする日本。気持ち悪いです(笑)

Fiji もそうですが、Tanzania では、知らない人とすれ違っても挨拶します。握手も基本的には誰とでも。

 

拙いスワヒリ語で、日本人だとか来たのは何回目だとか、今日はどこにいくんだとか、ありがとうや、また会おうなど、長々と挨拶します。面倒に感じるかもしれませんが、これはコミュニケーションの一種で、人間関係を円満にする賢さですね。

 

頭の上に重たいものを積んで歩いてる女性とすれ違うときは、お疲れさまというし、子どもたちは目下のものから挨拶をするということを教えられているので私たち外国人にもきちんと挨拶をしてくれます。しない人がいたら、あの人大丈夫?!って白い目でみられます。

 

急いでても挨拶の方が大切です。だから少々時間に遅れても誰も文句言いません(笑)

 

途上国に「支援」に行きたいわけではありません。文化の違いはあるけれど、そういうところは人間として普通なので一緒にいると幸せなんですよね。

 

知り合いがいないとき

娘が小さい頃、一人で高速のインターのトイレに行かせると、順番を抜いていくおばさんがいました。酷いときは何人もに抜かれて、娘が「並んでます!」と大声をあげたら「気づかなかったわ」と皆さん言われるそうです。

一列なんだから、そんなわけない(笑)
「旅の恥はかきすて」なんでしょうか?

 

日本人は箱の中と外をどうしてこうも分けられるんでしょう?何のために?その人の優先順位はなに?価値基準は???

 

そういう人々が、疑問を投げかける子どもに「外は外、うちはうち(我が家のやり方は我が家のみ)」なんて言うと「知ってる人が見ていなければ利己的にふるまえばいいのだ」という生き方を正しいと思って、またそういう大人を形成します。

 

もちろん、そうでない人もいますが。道を譲ったときに、普通にありがとうと言える人と出会ったときは感激するほどです。

 

人間形成の基本は幼稚園で習うようなところにあります。どこかで聞いたコピー&ペーストの言葉を使って、それに振り回される人が多いように感じますが、育児も教育も一人の人の人生を左右する「一大事業」だし、「人材育成」そのものです。

 

誰も見ていないときのその人の状態が真実の姿です。

 

 

子は親の鏡とはよくいったものです。

わが子の失敗は自分を省みるいい機会。

親は確かに子どもに教えてもらうことがたくさんあります。

 

親を見てから、結婚しろともよく言いますね。

家庭を見れば、その家族が何に価値をおいているのか簡単にわかります。

 

知らない土地で知らない人に、その人が何をしているか。

当たり前のことができる人とお付き合いしたいと思う今日この頃・・・・。

 

 

人のふり見てわがふりなおせ

今日も爽やかに挨拶しましょう!

 

 

 

Sponsored Link
Pocket