正直者がバカを見ない時代が来る

スキル修得、物事の考え方、インターネット上の情報において、コピー&ペーストの時代は日本でも終わりに向かっているように感じている。

 

恐怖を語って顧客をつくる恐怖ビジネスや、消費者心理を読んで売る営業。

 

いまや、SNSやBlogにおいて誰もがライターになれるが

その情報さえも、コピー&ペーストの記事なのか、その人の持つものなのかを簡単に判読できる時代となった。

 

読み書きそろばんなどの習得とちがい、体得は、その人の生まれてから今までの背景すべてから生み出されたもので暖簾分けは、基本的にできない。

 

となると「どこどこで習ってきました」という考えを使って、人に物を教える人に大金を落とす場合、そのスピーカーではなく、その考えを説いた人に直接会いにいった方が価値があるのではないかと私は考えた。だから、私はその出所をいつも見ていた。

 

出所の張本人が、もしも亡くなっていたなら、彼の著した本を読む方がいい。
ただ、弟子がそれに影響され実践し、それなりの別のものを生み出したならそれはとても価値あるものだと思う。

 

スキルとして机上の空論状態で習得したとしても、それが確かがどうか確認するにはとてもとても長い時間を要する。コピー&ペーストで一朝一夕に他者に語れないことがある。

 

これだけ情報が溢れ、誰もが情報に到達するスピードが早くなるなかで、人々は確かなものだけに、価値を見いだすのではないかと思う。

 

それらの記事を鵜呑みにし、確認しないで話題としてしまったなら、テレビのワイドショーで芸能ネタをまるまる信じて話題にすることと同義になるだろう。

 

心理を読んで消費者を動かしていることを、誰もが既に知っている。心理学でさえ、素人が記事を読めば、自分が洗脳されていることに気づくこともできる時代だ。

 

賢明な消費者は、今後大きくそちらに流れていくだろう。

 

そして発信の意図さえも、大衆に見抜かれていくだろう。

 

となると、リアルな個々の人間性で関係構築する時代となる。

 

そしてビジネスはそのものよりも「誰が何のために」が大切となっていくだろう。

 

嘘や計算が簡単に見破られ、私生活もすぐに暴露される昨今、信頼されるのはいいも悪いも正直に生きる人々になるのではないか。

 

インターネットのおかげでやっと

 

正直者はバカを見ない時代が来たと感じている。

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です