クリスマスにお勧めの大人の絵本 絵本のすすめ 2

私は絵本が大好きです。

たくさん読みましたが、子どもの頃に母に読んでもらった・・・・・・なんて経験は一度もなく、殆どを

「私が子どもたちに読んであげる」ことによって知りました。

絵本のメッセージ性は高く、また絵画的な要素も考えたなら、価値あるものはたくさんあると思います。

 

そこで、大人でも楽しめる絵本をご紹介します。最近大人のなかで絵本が流行っているようですね。

クリスマスのプレゼントの一つとしていかがでしょうか?

バーナデット・ワッツモミの木

バーナデットのモミの木

 

これはクリスマス絵本の中で、一番好きなものです。

森のモミの木は、まわりの木々のように早く大きくなってどこかへ行きたいと憧れていた。

ある冬、モミの木は切り倒され、クリスマスツリーになった。

モミの木が憧れた世界、想像どおりだったのか。

クリスマスに綺麗に飾り付けられて、モミの木はどんな気もちでいたのか。

そして、何を思うのか・・・・。

 

とても深いです。

私たちの日々の生き方を考えさせられます。

アンデルセンが原作。なんといってもバーナデットの絵が本当に美しいです。

 

ホフマンくるみ割り人形


くるみ割り人形

木製のくるみ割り人形をもらったマリアは、夢にも思っていなかった冒険の世界へひきこまれていく。

くるみ割り人形とともに、ネズミの魔王と戦い、お菓子の国を訪れ、空飛ぶソリで大空へ舞いあがる。

ホフマンはドイツロマン派の代表的作家。

 

音楽と朗読用のCDがついていて、お話はかなり長いです。

ツヴェルガーの絵が繊細で素敵です。子どもには少し難しいかも。

大人向けにプレゼントしても充分楽しめるものです。

CDの音楽は、異世界に連れて行ってくれるようなオーボエとハープ。

休日の昼下がりに独り静かに楽しむことをお勧めします。

 

 

クリス・ヴァン・オールズバーグ急行「北極号」

急行「北極号」

 

訳は村上春樹。

サンタクロースの存在を信じる少年のもとにクリスマス前夜に汽車が・・・・。

中に乗り込むと、少年と同じパジャマ姿の子どもたちが。

そして汽車は北極点を目指す・・・・・・。

 

これも長めのストーリーなので、大人にGOOD

最後の鈴はいったい何を象徴しているのか。

高学年以上のお子さんと一緒に読んでもいいかもしれません。

絵もとても綺麗なので、クリスマスムードを味わう二人にもインテリアとしてもいいかもしれません。

 

●チャールズ・ディケンズクリスマス キャロル

愛蔵版 クリスマス・キャロル

 

映画にもなりましたね。

クリスマス前夜、強欲で気むずかしいスクルージの前に現れた3人の幽霊。

スクルージに過去・現在・未来を見せてくれるのですが・・・・・・。

 

これは絶対に読んだ方がいいです。クリスマスじゃなくても大人が読むべき一冊。

クリスマス前に読むと、気持ちが大きく変わるでしょう。

いいクリスマスを迎えられると思います。

 

その後にご家族でDVDのこれを観賞するとさらに感慨深いかも、

Disney's クリスマス・キャロル [DVD]

 

少し早いですが、今年はお友達や、彼女に絵本をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

 

 

今日もみなさんありがとう。

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です