年を越す日本のしきたり

師走、厳密に言えば旧暦の十二月で、クリスマスは旧暦ではまだ十一月の上旬です。

本来の時期とは異なりますが、新暦で行事がおこなわれていく現代、作法だけは知っておいた方がいいかもしれません。

年越しについての様々なしきたりがあるようです。

煤払いの日

旧暦では十二月十三日を煤払いの日として、家の誇りを祓うのですが、この日はお正月準備の「事始め」とされ、まず家を清める意味で掃除をします。

特に台所には神様がいるとされ、運気を高めるために念入りに掃除をするのです。

 

餅つきと門松と注連縄

餅つきは二十日ごろから二十八日までに済ませてしまいます。

また、門松や注連縄は「一夜飾り」は、神様への誠意に欠ける、葬儀を思い起こさせる、などからよくないとされるので、二十八日には飾り終えるのがよいとされています。

飾るのは「松の内」までとされています。

 

年越しそば

大晦日の晩に眠らずに歳神を迎えます。年越しそばの風習は江戸時代に始まったといわれています。

蕎麦は長いことから長寿を願う意味や、金の細工師が金の粉を集めるのにそば粉の団子を使ったことから、金運のアップを願うとも言われています。

また蕎麦は老廃物を排出するとも言われ、健康のためにもよいとされています。年越しそばを残すと、翌年の小遣いに事欠くというといわれるので、残さずにたべましょう。

 

除夜の鐘

中国宋の時代から始まったといわれ、日本では室町時代から始まったそうです。

百八つの鐘の意味は、ニンゲンの煩悩を表しているといわれます。

はじめの五十四は弱くつき、百七つめは行く年の最後に鳴らして煩悩が去ったことを表します。

そして年があけて煩悩に惑わされぬように、百八つ目を鳴らします。

 

(参考文献 おりおりに和暦のあるくらし)

).push({});
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です