赤ちゃんから学ぶこと

友人の子と初めて対面するために、出産祝いに行ってきました。

彼が受精卵としてこの世に生を受けたときから知っている私には、なんとも云えない感慨深いものがありました。

初めて彼と会って、触れて感じたこと···

存在だけで素晴らしく

平和で

幸福でした。

 

単に新鮮だからかわいいとか

小さいから可愛いではなく

彼から学ぶことがこの世の答えのような気がしました。

 

出産祝いとして、彼が友人のお腹のなかで暴れているときに、彼の手を想像し、好奇心を想像し、三人の子育てを通しての経験から、布製のカラフルなおもちゃを作っていきました。

でもそんなことよりずっと大切なメッセージを彼からもらいました。

赤ちゃんから学ぶこと

・存在が素晴らしい

・何も疑わず何も妬まずまさに

純真無垢

・争いがなく平和

・まっすぐに素直に生きている

・安心して生きている

 

これって、日本の大人たちが自己啓発やら、幸福になる法則やら、スピリチュアルやら言いながらお金はらってセミナーに通って手にいれたいことじゃないですか?

 

このまま生きてたらなにも問題なかったことではないですか?

いったい誰が、何が、この純真無垢な赤子をそんな苦しい状態にしていくのでしょう?

 

人間ってほんとにバカだなあって思いました。

 

同時に自分の過去を振り返って気づく数々の失敗。

 

彼を抱きながら、そんなことを考えてました。

 

これぞ本当の原点回帰

 

人を羨み、誰かと比べて

我は正しいと人を罵り

誰かをコントロールしたくて強制し

誰かを離しまいと依存し

誰かを罵倒し闘い

 

彼はそんなことなにも知りません。

彼は誰とも闘いません。 

彼は誰とも比べていません。

目の前の人を無条件に信じています。

 

 

どうか彼がなるたけ余計なものに曝されることなく、生涯幸せであれと願って帰ってきました。

 

 

※写真転載はお断りします。

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です