負けたくない人ほど負ける

負けず嫌い・・・・自分でそう自分を表現する人がいますね。

言葉の定義って難しいと思います。

個人によって、自分の設定したハードルの高さは違っていて、家族の中で一番になりたいとか、校内だけの一番であるとか、知人友人の中での一番なのか・・・・

 

ではそこを越えれば「勝った」ことになるのか……

 

「闘うこと」が好きではない人がいます。どんなに誰かが闘いを挑んだとしても、永遠に戦わない人ってこの世にはいると思うのです。例えばそれをドラマに見立てて、観客になってみてください。

闘う気のない人に、一人で腹を立てている場面が繰り広げられるわけです。

それは、じっと坐っている人に、飛び蹴りしたり殴ったりを一人でいつまでもやっているようなものなんですよね。

 

多分、本当に負けず嫌いな人は他者とは戦いません。他者に勝つことを目的としていません。

 

誰かの一挙手一投足を気にしている時点で、その人は既に相手に負けています。戦う前から勝負は決まっているんですね。

 

何をもって勝ちというのかは分かりませんが、「かなわない」と誰かに思わせるような存在の人は、きっと生まれてから死ぬまで己と闘っているのだと思います。

 

ホモ・サピエンスにうまれついたゆえの「醜さ」や「強欲」「怠惰」「虚栄」「虚構」などと・・・・

 

これに打ち勝つことが出来れば、何にも負けないのではないかと思うくらい、ニンゲンは美しさとは無縁の生き物だと思います。

 

しかし、同時に悲しい生き物でもあると感じます。

 

今後は誰かと闘って個人の名声を求めるような仕事のやり方ではなく、平和的な解決法を模索する、仲間同士の相互扶助を強めていくことで「勝てる」時代なのではないかと思います。

 

また、勝ち負けをあえて定義するなら…

 

死ぬときに幸せだったと思う人に勝てる人はいないでしょうね。

 

 

今日も万物にありがとう

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です