万物に愛を

誰かのために懸命にエネルギーをかけて、なんのメリットもないように見える行為をただ愛のために続けて、時に悲しく

届かないかのように思えて、あと少しだけと思った矢先、突如相手に光がさす。

これはビジネスセミナーなどでいうところの成功体験と似ている。

 

ふと気づいたら(自分の創造する)ノンフィクションファンタジーがさらに深みを増していく。

人生を売る私には、きっとなにひとつ無駄がない。

ビジネスなんて細かく計算できない、というよりあまり興味がない。

 

ただ人の幸せは嬉しいものであり人の不幸は悲しいものであるというだけだった。

 

正しさの押し付けあいなど面白くない。

善人仮面は他者から透けて見えていることを、被っている人は知らない。

 

私の理論を作り上げたのは誰か特定の師匠などではないけれど、出逢ったすべての人々と、すべての生命と、すべての環境である。

 

つまり万物に感謝した結果、得たものである。

ずっと目標としていた

万物に愛を

という次元に少しは近づけた気がする。

なんの肩書きもなく、なんのコネもなく、財産もなく

それでもやはり富は裸になっても持てるものだと思うのだ。

 

目的をひとつひとつ果たすため、まだまだ知らない世界を貪欲に学んでいきたい。

 

自分を信じること。

そうすれば人を認めることができる。

認めあったなら助け合える。

 

理想と現実はちがうといつも誰かがいうけれど

理想は理想のまま終わらすのではなく現実にすればいいと私は思っている。

 

 

今日も皆さんありがとう。

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です