アフリカ最終日の想い出 TANZANIA2017

Sponsored Link

❰Near by Kilimanjaro Airport ❱

 

わかりますか?ずーっとあっちまで、緑が続いてる。

曇ってるからこんな色だけど、日本人にはあまり馴染みのない、どこまでも続く地平線。

自分の目で見ないとこれは感激できないだろうな。

出国の際、他の外国人と違ってスワヒリ語で手続きの時に挨拶したり答えたりしてたら、パスポートチェックの人に「これは日本語で何て言うの?」と聞かれたので少し日本語を話した。

小さな空港だから、搭乗口でも入り口にいたスタッフたちがボーディングパスを切り取っていて、そしたらさっき日本語を教えたスタッフがいて、いきなり私の名前を呼んで「Mahiro!」ってまるで友達のように手を振ってくれた。

で「Safari njema!」って言ってくれて。いい旅を的な意味ね。これ、私にだけ(笑)

待ち合いで日本人団体サファリツアーの観光客がいたんだけど、その中の一人の男性が、私のところにやってきてこう言ったの。

「NGO の方ですか?」って。

「違います」と答えたら「生命力が他の人と違うのがわかったから気になって」って(笑)
最近、疲れてたからこっちで本来の自分のエネルギーを発揮できてたんだなと思った。

何でも日本から一緒に来た添乗員は、コピーした文書を見ながら話すだけで、何も知らなくて60万もツアーに払ったのにイマイチだったと。

マサイの村に行ったけど、怖いから何も買うなと言われて買ってないというから、路上商人から買ったマサイのビーズのブレスを見せると、自分も欲しかったと言ってた。

 

「こちらはやっぱり怖いですか?」ときくから

「大阪の宗右衛門町とそんなに変わらないと思いますよ」と答えたら納得してた(笑)

 

滞在していた村の話をしたら

「日本人はなんであんなに冷たくなったのだろう?どうして、こちらの人々は目が生きてるのだろう?」

と私に問うの。

「命ときちんと向き合って生きるって自覚があるからではないでしょうか」と答えた。

「あなたも同じ目をしてる。あなたがこちらでゲストハウスしたら、日本人はたくさん来ると思う。このツアーであなたと話せたことが一番楽しかった、ありがとう。」って言われた。

添乗員、しっかりしなきゃー。私がやりたいよ(笑)

でも、そういわれて素直に嬉しい。久々に言われたな、瞳のこと。

かなりこの国でエネルギー充電できたのだなと自覚した。

 

そして、飛行機に乗ったら今度は隣に座った白人男性がジュースを私にくれた。

何も言わないのに荷物も下ろしてくれた。

奥に彼が座ってたから、食事やドリンク配るときに「先に彼に」とCAに言ってただけなんだけど。

なんだか、帰りの道中がとても気分がいいのが不思議。

いつも日本に帰りたくなくて泣いてるのだけど。(笑)

現地時間23日の夕方に成田について、面倒なことに羽田に移動しなきゃなんない。

そして翌日の朝の便で関西に帰る。羽田で野宿かな(笑)

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です