幸せでいるには目的を忘れないこと

何となく生きていたり

仕事に追われて週末は眠るだけの生活····

いつのまにか忘れてしまったことはないですか?

目的を思い出す

どうしたわけか、人は自分の人生の目的を忘れてしまいます。

ルーティンワークに慣れてくるとどうしても当初の想いを忘れてしまうのは致し方ないのかもしれませんね。

 

●例えば、大学に入るということ

入ることや、卒業することが目的になって、何のために入ったのか、何のために大学を出るのかという本来の目的を外れている人が多数見受けられます。

これを「流される」と表現したりします。人に流され、周りに流され自分の人生をどう生きるかということを見失った状態です。

 

 

●例えば親子関係

出産したとき、我が子を守りたかったでしょう。幸せであれと願ったでしょう。

 

目的は我が子の幸福だったと思うのです。

 

ところが、大きくなるにつれ、他人の子と比べ、子どもにエゴをおしつけ、悲しそうな顔をしている我が子の表情にさえ気づかず、自分の見栄や体裁のほうが優先度が高くなる。

 

当然、最愛の我が子は居心地の悪い親のもとから出ていきます。

 

さて、我が子を初めて抱いたとき、あなたはどんな目的をもっていましたか?

 

もう一度思い出してみませんか。

 

●恋愛について

これも親子関係と同じ、愛し合い、高めあうことが幸福だったと思うのです。

 

いつのまにか、お金だけの関係になり、セックスだけの関係になり、惰性で日々を過ごしてしまいがちです。

 

目的をいつのまに、脇に置いてきてしまったのでしょうか。

 

まだ、遅くはないはずです。

 

再度大切な人を見つめてみてください。

 

目的を書き出す

以上のようにたいていの人は目的を忘れてしまいます。

仕事でも同様です。

 

そういうときは、紙に書き出してみるとよくわかります。

 

人生の目的

仕事の目的

恋愛の目的

家族の目的

 

それぞれあるはずです。

 

忘れないようにトイレの壁や

寝室の壁に貼っておくのもひとつの有効な手段かもしれません。

 

目的がしっかりしている人はブレません。

 

一貫しているので信頼も厚くなります。

 

目的を思い出して、みんなで幸せに向かいましょう。

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です