孤独がこわいあなたへ

独りになるのがこわくて、判断力を見失ってしまう人がいると思います。

核家族、独り暮らし、虐め、失恋、離婚などなど、そのような背景から、このままではそういった人々は増えるかもしれません。

そこで、あまりそれを気にすることはない私の捉え方を、皆さんに参考にしていただければと思います。

そもそも孤独だというのは誤解

人間がいる世界で生きると決めているなら、孤独にはなりません。

お店の店員さんが、いきなり入った見ず知らずの自分の話を聞いてくれたり、道端で落とし物を拾ってくれたり、誰かが道を譲ってくれたり、仕事でのお客様がありがとうと言ってくれたり、そんな刹那の愛をたくさんたくさんもらって生きているのです。

特定のパートナーがいなくても、たくさん愛してもらってると思っています。

 

もしも一歩も外出しなかったとしても

どちらかというと、私は独りの方が好きなので籠りたい気持ちはとてもよくわかります。

だけどSNS では誰かがアドバイスをくれていたり、誰かが自分を気にかけてくれていたり、会ったことがなくても確かにその人のエネルギーをいただいています。

エネルギーとは、その人の命なのです。その命の時間を自分に使ってくれている。

それがたとえ刹那的でもやはり愛なのだと思うのです。

 

食べるだけでも

海の向こうの誰かが、先進国民の嗜好品を作っています。命をつなぐことに必ずしも必要のないものでさえ、自分達の土地を使って、泥だらけになりながら毎日育ててくれています。

間違いなくそれは私たちの血肉となり、彼らの命の時間でできた、作物という命をまた、いただいています。

それも愛をもらってることになると私は考えます。

 

無人島にいたなら

無人島にたった独りでいたとしても、鳥や樹や魚や雨にもエネルギーをいただいて、生きているはずです。

やはり人間ではない何かにエネルギーをいただいているのです。

 

 

そう考えていくと、私たちは過去すべてにおいて、実に数えきれないくらいの人から愛をもらってきたのです。

愛されてきたのです。

そして今日も愛されています。

 

そう思っていたら、独りにならないのです。多分独りじゃないって考え方をしているから、思考は現実化して独りにならない世界が最期まで続くのでしょう。

 

だから、今日も皆さんありがとう。

愛してくれてありがとう。

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です