Tanzaniaで生活してみた!Part 4 農村の彼から学ぶこと。

湯滞在していた家の近くの村。そこに彼は住んでいる。

この人のおかげで私のTanzania滞在は素晴らしいものとなった・・・・・。

初めて彼と会ったのは

着いて数日後だったかな。

彼がこの後、小学校やら、NGOのトップやら、婦人団体の人なんかに私を紹介してくれたのだけど、とても愛ある人だ。

Kiswahiriが挨拶くらいしか出来ないのに、嫌な顔もせず最後まで好意的だった。今は

「次に私が来るのはいつだ?」

って言ってるらしい。もうちょい待って(笑)

彼の大切な畑

彼の家に初めて行ったとき、有機農業の彼の畑を見せてくれた。

36 Rosetta

これはRuzera、いわゆるハーブティーの”ハイビスカス”ね。

44 Kimanbo's Farm

これが彼の家の周りの風景。綺麗でしょ!夕方だったの。

レモングラスやマンゴー、キャッサバなんかも育ててた。家畜もいて堆肥も作ってる。

39 Kimanbo's Barn&Compost

(コンポスト;牛の糞を小屋の下から外に出して堆肥作ってる)

41 Cassava

(キャッサバ;長男の研究テーマだった。

奥さんが外で薪で焼いてくれたChapati と、ブレンドのハーブティーをいただいた。それがさっきのRuzeraメインのもの。甘味はしっかりしているけど、すごく美味しかった。彼の家ではChaiではなくて、いつもこれを出してくれた。

食べる前に水で手を洗う。奥さんが、プラスチックのデカンタと、水うけ用の洗面器みたいなのを持ってきてくれて、少しずつ、それも殺菌のためか、一度沸かしてから冷ました白湯をかけてくれるの。

水道はない。井戸から水を汲んできている。すごい手間なのよ。私たちのような来客は。

でも必ず奥さんも笑顔で

Karibu!

って歓迎してくれた。彼女がEsta Mama ね。ありがたくTeaをいただく。

親戚の家でごちそう

そのあと早速、彼の親戚の家に連れて行ってもらった。

そこはとてもシステムがすばらしく家畜もたくさんいた。卵は山積み、テレビもあり。電気も通っている。(農村では、皆電気が通ってるわけじゃない。)

自分の敷地に井戸を二つ掘っていて、そのおかげで作物の育ち方が他の農家とは全く違う。

収穫に差が出るとこんなに生活が変わるんだなと思った。

またここでも食事を出してくれた。(カメラを持っていなかったので写真とれなくて残念)→青バナナとチキンのクリーム煮込み。日本人の口にも合うと思う。鶏ガラスープベースに、バナナは例えるなら、サトイモとジャガイモの間のような味。綺麗なお鍋で親戚も集まって振る舞われた。かなりのご馳走なんだなと感じた。

で、やっと食べきったら二杯目をいれられて満腹になって帰路についた。

この案内してくれた彼は、止まることをしらないくらい前に前に進む。お金のことなんて考えず、どこまででも情報をつかみに行き、誰にでも提供する。

私利私欲がないのは見て分かる。

与える人である。

貧富の差

彼は本があまり買えないから、NGOのパンフレットを隅々まで読んで大事にとってある。向学心が強く見える。でも、こっちの公務員はパンフレットに落書きして捨てる人もいるとか・・・・

貧富の差は大きい

そんな中で彼は徹底的に脚で動いて情報をつかみ人間関係を構築している。僅かな時間を繋ぎ合わせて一生懸命進んでる。

すばらしい50代である。

有機農業もやりながらのこの活動的な彼の動き。次々に人をつなげる。こういう人こそ公務員にさせてあげて指揮をとるべきなんじゃないのかって感じた。

私にたかったりもしない。誰もしない。ごちそうになりっぱなしで申し訳ない。

ニッポンに置いてきた「モノ」を一気に処分したくなる気分になる。先進国民は途上国から学ぶべきことはたくさんある。もちろん相互にであるが・・・・。

どこかで誰かが楽をすると

どこかで誰かが苦しむ

総体的にみればそうなのだろう。いつもそう考えてたけど、やっぱり自分で体感することが大事だと思う。

衝動はそこからしか生まれない。

更に自分の在り方を考えることが多くなるのである。

f:id:MahiroShu:20160125165200j:plain

写真転載禁止)

 

続きはこちら↓

Tanzania で生活してみた!Part 5

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です