自分にあった食べ方

Sponsored Link

人からは、タフだねとか、なぜ太らないのか?ってことをよく訊かれます。

 

中学生の頃から体重も変わっていません。

 

多分習慣から作られているのだと思いますが、高校までは心臓が悪くて、毎年心臓検診に行かされてました。子どもも産めるかどうかと、医師に言われたこともありましたが、20代後半でやっと、病らしい病はなくなりました。

 

自然治癒力が高いと言われるので、参考までに食生活をご紹介します。

私の場合、自分がやりたいと思った方を選択してきたら、こうなったというしかありません。でも若いときは間違いだらけだったんです。間違いだと気付けばその日にやめました。

 

生まれが都会なので小学生の頃からコンビニはありましたし、夜は明るいという環境にずっと住んでいます。

若い皆さんが想像するほど不便ではなく、お腹がすけば父が夜中にお好み焼きを買いに行ってくれたりもしてました。

つまり「便利さ」は小さい頃から私の近くにはあったんですね。

便利だからということと、食とはあまり関係はありません。

いつからか、ダイエットばかりが取り沙汰されるようになりましたが、大事なのは外見の形よりも、健康で病気をしないことだと思ってます。

そこで、お役にたつかどうかはわかりませんが、私が継続してきたものを何点か挙げてみます。

 

断食

こどもの頃から少食です。

食べすぎることが好きではありません。

17歳から20歳くらいまで拒食気味でした。ダイエットは一度だけ本気でやったことがあります。17歳の時です。10日で7キロ落としました。後遺症で拒食になりました。

その当時から現在も続けていることに断食があります。

そんなにキッチリではなく、なんだか胃が重いなあ、便秘がひどいなあと思ったら、一食抜いたり、一日抜いたり数日間軽食だけにしたりします。

現在、それがデトックスに繋がるといわれていますね。

 

常食しているもの

●パン

家の隣が焼きたてのパン屋さんでした。

月曜日から土曜日は基本的に毎日、ここのパンを家族で食べていました。添加物は入ってなかったと思われます。日曜日は喫茶店のモーニングセットでした。 

結婚したあと一時期スーパーのパンを買っていましたが、まずくて嫌になり、近くにない場合は、電車に乗って気に入った焼きたてのパン屋にパンを買いに行ってました。

ライ麦や全粒粉が好きです。かたいものが特に好きです。菓子パンは私の中では食事ではありません。

基本的に朝は幼少期からパンです。

現在は天然酵母から自分で作るときもあるし、ホームベーカリーにお願いするときもあり、パンケーキやチャパティを作るときもあります。

気をつけるべきはは販売されている小麦の質でしょうね。フィジーやタンザニアで食べる方が小麦は美味しいです。

●ヨーグルト 

これは30年間だいたい食べてます。メーカーを一つには絞らず数社のものを食べます。基本的には朝食べます。時々おやつにも。プレーンしか購入しませんが、はちみつか砂糖不使用のジャムをかけて食べるのがほとんどです。

●はちみつ

これは常食するようになって20年くらいです。以前から時々は使ってました。ハーブティー、パンケーキ、ヨーグルト、菓子、料理にも使います。

●珈琲・紅茶

小学校低学年からずっと飲んでます。喫茶店のミルク珈琲が大好きでした。

最近は紅茶が多くなりましたが珈琲は大好きです。砂糖はいれません。

珈琲はドリップで淹れてブラックではなく牛乳をいれます。

●ごま

常食します。30年いつも家にある状態です。すりごま、胡麻油、黒ごま、そんなに拘らずにいろいろ使ってきました。

●だし

昆布とカツオがメインで時々鶏ガラも使います。

昆布とカツオは30年ずっと。これらをベースに料理をしています。

●バター

マーガリンからバターに変えたのが20年くらい前です。

●オリーブ油

25年以上使っています。

●野菜と果物

肉より野菜が好きです。野菜や果物がメイン、炭水化物や肉は付け合わせというくらいの割合が好きです。

●清涼飲料水はほぼ飲まない

というかめったに買いません。なので子どもたちもほとんど飲みません。冷蔵庫には入っていません。

●菓子

スーパーのものではなく手作り、もしくはケーキ屋などで買います。添加物のなるべくはいっていないもの。これは30年近く続けています。

チョコレートはブラックで、冬には食べます。アイスは卵と牛乳でできたものを選びます。ときどき煎餅やクッキーなどは購入しますがスナック菓子はほぼ買いません。和菓子もわらびもち以外はあまり食べません。

●果汁100%ジュース

よく飲みます。ジューススタンドのもそうですし、スーパーのものも購入します。

●たまご

特売の安い卵は買わないようにしています。

●辛いもの

キムチやとうがらしなど、辛いものが平気になって食べ始めたのは20代後半から。いまはタイ料理も食べます。

●にんにく

イタリア料理を食べ始めたのは高校生の頃、コース料理などを食べに行ってました。その美味しさにはまり、色々作るようになったのですが、パスタはあまり続けて食べないようにしています。ニンニクは常に家にありますが、いまは、もっぱら炒めものに使っています。

●味噌汁は毎日飲まない

味噌汁はあまり作らないです。どちらかというと好きではありません。冬場に豚汁をつくるくらいです。

●納豆

時々食べます。30年前から食べ始めました。

●肉

頻度は鶏肉、豚肉、牛肉の順(現在は鶏のみ)で、焼き肉は思春期以降、好きではありません。焼き肉はめったに食べません。

●芋類

いつもあるわけではありませんが、じゃがいも、さつまいも、キャッサバなどはお米より好きです。

●季節のもの

野菜や果物は季節のものをなるべく選ぶようにしています。

●魚

秋刀魚、鮭、いわし、ぶり、ハマチなど庶民的なものが好きです。マグロはあまり好みません。

●スパイス

カレーなどにいれるスパイスは大好きです。

●ナッツ

幼少期からずっと好きです。アーモンド、ピスタチオ、ピーナッツ、くるみ、なんでも。

●ドライフルーツ

プルーンはヨーグルトと一緒によく食べました。ときどきドライフルーツを買います。食べはじめて25年くらいになります。

 

外食

父が外食にはうるさく、ファミリーレストランではなく、ステーキならステーキ専門店、寿司なら質のいいエビの踊り食いができるような店、ハンバーガーも、マクドナルドは不味いといって、私が小学生の頃に、一人700円もするハンバーガーを提供するような店に連れていってくれてました。恐ろしいほどのエンゲル係数だったと思います。

おかげで、味覚には自信があります。

ファミリーレストランには付き合い以外では行きません。ラーメンはインスタントは買わないのでラーメン屋で食べます。

 

自分の身体に聴く

コンビニ弁当は買いません。不味いからです。子どもたちも不味いといって食べません。

そして、食べすぎることがまずありません。自分の身体が何を欲しているか、他人の意見ではなく、自分の身体に聴くようにしています。

誰かがよくないと言っていても自分が好きなら食べます。体質はみな同じではないので。白米が美味しいと思えない私は、和食等の方とは多分体質が異なるでしょう。

 

 

一番大切なことは

自分の身体に聴いて食べることです。

 

結果的に味蕾が不味いと判断したものは自分の身体には合ってないということだと思うのです。

 

たとえば、むしょうに柿が食べたくなった年がありました。嫌いだったはずなのに。

それで、成分を調べたのです。自分はそれがいま不足しているのではないかと。

そうしたらビタミンCが結構含有されているんですよね。なるほど、ストレスもキツかったし、何より老化でビタミンCを必要としてるのかもしれないなって。笑

 

これは数年前のことなんですが、それ以来柿が大好きです。年齢によって、こうして好きな食べ物が変わることはあると思います。そういうときに、サプリではなく、きちんとからだの声を聴けば、必要なものを欲してるのではないかと思います。

 

みな体質が同じなわけはありません。基本的には個別対応です。

 

家族においても、その人が何を欲してるか、任されているほうはしっかり見て感じとることが大切だと思います。

 

完璧にはしていません。

が、大まかにこんな生活を継続していると、体調管理は自分でできるようになります。

 

無人島で独り生き抜くような強さを

という目標はそういう五感ですべてを選びとるということにも繋がるので、このように考えるようになったのだと思います。

 

若い頃は、いいと言われるものは色々試しましたが、いまは、自分に合っているか?という視点で見ています。

 

加えて、先進国の傲慢さから途上国の食べ物まで独占していないか、と考えて外国産のものは選択したりします。これはなかなか簡単ではない問題です。

 

誰かが余分に食べると誰かが食べられなくなるのです。地球全体で考えて購入したいとは思います。

 

毎日、そんなことを考えて生きるわけにはいかないかもしれないけれど、その恩恵に感謝したり、ときどき、食べることについてじっくり考えてみたいものですね。

 

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です