一度に10匹と生きたからわかること

もしも、一匹しか一緒にいなければ

もしも、雌雄のココトゥンとコニーサンしかいなければ

きっとわからなかったことがあります。

ジャンガリアンの彼らとその子どもたち

ロボロフスキーのローリーと

一緒に生きたからわかったことがあります。

彼らには大きな知を授けてもらい感謝しています。

同じハムスターでも性格がちがう

●コニーサン

父親のコニーサンは、ペットショップが劣悪で、うちにやって来た当初こそ二ヶ月ほどなれるのに時間がかかり、噛みついたりしていましたが、その後は噛みついたことも一度もない優しい子です。

はじめからきれい好きで、ゴミは一カ所にかためておいてあるし、私がケージに手を突っ込んで掃除をしていると、口にくわえて自分で種の殻や糞を運んできて置いたりもします。

部屋に放して遊んでいるときは、必ず好きな場所というのがあり、そこを陣取って動きたがりません。

ケージに帰りたくなると、私の掌や膝の上によじのぼってきて、私をじっと見つめます。

 

鶏のささみ、豆腐、ヨーグルト、ゆで卵など雄は全般的に蛋白質が好きです。ベランダで育てたハーブの花も食べます。

虫も食べます。

コニーサンは一番年上なので、三階建てのケージで運動不足を予防しています。

 

今年の1月にモチに襲われたとき、あちこちえぐれて血だらけで瀕死の状態でしたが、一晩中じっと耐えて、いまや、傷痕ものこっていません。我が子のモチには、ほとんどやり返さずに、自分だけ大ケガを負いました。

ココが亡くなったときは、ずっと身体をなめていました。噛みついたりしませんでした。

 

●グレイ

ココのはじめの出産でうまれた8匹のうち、6匹は里親さんが引き取ってくれて、雌雄2匹が我が家にのこりました。そのうちの雌です。

ちょっと太め、色は8匹の中で1匹だけサファイアブルーでうまれました。

先月一歳をむかえ、最近はあまり動かなくなりました。

独立したころ(一人でケージを持ったころ)なかなかなつかなくて、掃除のときも逃げてばかりでした。

半年くらいから掌に乗るようになり、今はケージのドアが開いてても、自分で外に出ずに、掌に乗せてもらおうと待っています。

小さい頃は散らかしていたけど今は綺麗好きになって餌の殻は一カ所においてあります。

後からうまれた5匹のうちの弟、モチのことが好きでケージ越しにモチの匂いがするとすぐに寝床から飛び出してきます。お肉はあまり好きではなく、大人しい子で噛みついたりもしません。

 

●モチ

ココが二回目の出産で産んだ5匹のうちの雄。

ココのケージを譲り受けたので子どもたちの中で、モチだけが広い二階建てケージに住んでいます。

今も、出してくれというアプローチが一番ひどいのが彼。

でも最近は歳をとったのかずいぶん大人しくなりました。コニーサンをなめてかかっていて、赤ちゃんの頃からコニーサンにはケージ越しに攻撃していました。でもリンを怖いみたいで、リンのケージが近づくと立ち尽くしてじっとします。

昨年の冬は、一時期、段ボールに住まわせていたのですが、朝になると噛みちぎって穴をあけてこたつ布団の中で見つけるという毎日。

一番の冒険家で、めったなことで諦めません。

うるさいけどかわいいやつです(笑)

 

●リン

リンもあとから産まれた5匹のうちの雄。ココの栄養が足りなかったのか、リンは他の子に比べて、何かがおかしかったのです。

鳴きかたも変だし、暴れ方もひどくて、娘と私はこの子は知的な障害があるのだと感じていました。

でも、寝ること、食べること、遊ぶことなどは問題なく、一生懸命に生きているのがわかりました。母親のココも栄養をとられて逝ってしまったため、リンも栄養がたりずに生まれたのではないかとおもい、いろんなものを与えてきました。

半年ほどたった頃には、他の子とかわらなくなり、今は至って普通です。

全員ヨーグルトが好きなのに、リンだけは何度チャレンジしても食べません。そのせいか、糞がいつも固まらずにくずれます。

朝、ケージの外に出すと、部屋の隅に必ず頬袋にためた餌を全部出していきます。それはリンだけです。

他の子の匂いのついた物が部屋に転がっていると、即座にそれと格闘し始めます。

俊敏さに長けていて、血の気が一番多そうな雄です。

 

●ウータン

後から生まれた5匹の中の雄。小さくて弱くて、赤ちゃんの頃サファイアとリンにやられて遊ぶこともできなくなったので、一番初めに個別ケージに独立させた子です。

毛並みが綺麗で、お腹の毛がこの子だけ真っ白でした。大人しいので、途中までもしかしたら雌なのか?って疑っていたくらい。睾丸が一番大きくて、発達してきたころにハッキリ雄だとわかりました。

朝の掃除の際に、時々噛みつかれたことはありますが、今は私には噛みつきません。

砂場で餌を食べていつも砂場の中に殻を全部落とします。

「ウータン」と呼ぶとすぐに起きて出てきます。

麻の実が大好きで、口に入れると頬袋にはためずに、我慢できずすぐに食べ始めます。

 

●サファイア

後から産まれた雄、赤ちゃんの頃から一番肥っていて、たくさん食べます。

ほぼ毎日、餌の食べ残しがありません。

何でもたくさん食べます。家の中を無茶苦茶にする面白い子です。

イライラすると、下に潜り込んで、餌箱をひっくり返したりします。ぐっすり眠るタイプ。

娘が一番可愛がっている子で、朝起きるとこんな風になっていることもあり、どうやって外したのかいまだにわかりません。

●ミルキー

後から生まれた中の紅一点。身体は一番小さい子。

一度も噛みついたことがありません。

 

巣作りが一番うまいのは、母親のココとそっくり。広げると一枚の円状の絨毯みたいで、敷いている新聞をトルネード状に細かく裂いて巣材に巻き込んでいきます。新聞を割くのは楽しみの一つで、汚く見えるかもしれませんが、餌の殻や糞はケージの隅にかためておいてあります。巣材にはほとんどゴミがついていません。

 

毛並みが独りだけ短くてサラサラ。耳も小さいです。

ベイビーズの中では一番私になついていて、冬は私の太ももの横にベタっとくっついていました。大きくなった現在は掌の上でじっとしていて、突如走り始め、高いところによじのぼる活発な子です。

回し車の中で眠るのが特徴。

 

リンのことが大好きです。

コニーサンとミルキーがかなり賢いと思われます。

 

彼らから教えてもらったこと

イエス・キリストの言葉に「空を舞う鳥を見よ」ってのがありますよね。

空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥を養ってくださる。

あれと同じです。

 

カレルチャペックは「鉢の中に宇宙がある」と言いましたよね。

あれと同じです。

 

彼らをみていると、人間の都合でケージに閉じ込められていることも、自分で餌をさがしに行けないことも、自由に交尾が出来ないことも、全部受け容れて「ただ生きています」

 

ローリーはひどい扱いをショップで受けていたけれど、私の呼びかけに応じるようになり、独り静かに寝床の中で逝ってしまいました。

 

チビタンは私の不注意である日突然命を失いました。

 

ココは半身麻痺でも、最期の瞬間まで、自分で座ろうとしていたし、甘えずに生きていました。

 

身体における脳の割合が知的さを表すのであれば、私たち人間よりも彼らの方が賢いのです。

 

彼らは、懸命に淡々と毎日を生きています。その中で、仲間がいることもそれぞれ知っていて、異なる動物である私や娘との意思疎通をはかろうとしています。

ここに異種の差別はありません。

リンに障害があろうとなかろうと、母親が逝ってしまおうと、彼らは生きている限り何も諦めたりしません。

毎日のメンテナンス(毛づくろいや雄はマスターベーション)は暑くても寒くても必ずします。

巣作りも巣材を与えると自分でそれぞれしています。なければ部屋に出た時に巣材になるようなものを持ち帰ります。

誰に教えてもらわなくても。

 

ココもローリーも亡くなるまで自分で動いていました。

命をきちんと全うしていると感じました。

そこには尊敬の念しかありませんでした。

 

私たち人間は、贅沢を言って欲にまみれて、ありもしないネガティブな未来を創り上げ不安にさいなまれています。

 

いったい私たちは何をしてるんでしょうか。

 

誰にでも死は必ず訪れます。

 

こうしてたくさんの命を食べたり玩具にして人間は生きています。

それなのに自分の命を誰かに預けたり(自分で選択せずに)命あることに感謝しないですぐに諦めたり。本当にバカな生物だと思うのです。

 

長くても彼らは3年しか生きません。

確かに今彼らと一緒に生きていることは私の人生の中で煌めく瞬間で、植物にもそうですが、人間以外の生命と真摯に対峙することで、教科書よりもずっと大切なことを教えてもらえることに深く感謝しています。

 

もしもご自宅に植物がいるなら、動物がいるなら、彼らの生きざまを対等に見てみてください。

 

 

レイチェル・カーソンのセンス オブ ワンダーは親と名の付く人、教育者の方々にぜひとも一冊は持っていてほしいお勧めの書です。

 

自然の大切さが優しく説かれています。

 

幸せな気分で万物の恵みに感謝して、一日を終えたいと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です