物を大切に使うこと

人によって違うだろう大切なもの。

例えば

・高価だから大切にする

・好きな人にもらったから大切にする

・コレクションだから大切にする

・作り手が好きだから大切にする

・効果があるから大切にする

・命をいただくのだから大切にする

・何もかもを大切にする

 

などなど。

修理して使う

私はあるものを修理しました。

10年前に手縫いで自分でつくったもの。

パッチワークの作品は一番古いものは27年前のものもあるくらい、大切に使っています。

 

作品をつくる際は、付属品も合うものをあちこち探しまわります。

 

IMG_20160715_194331

 

これは、革の持ち手がはずれかかっていて、手縫いではとても大変なので、しばらく放置していました。

 

同様に、修理すべきバッグが、あと三点チェストに眠ってます。

 

しっかり細かく手縫いで仕上げると既製品のミシン縫いより丈夫です。案外。パッチワークは長持ちするんですよね。

 

二時間かけて持ち手をつけ直しました。

(けっこう指が痛かった)

 

でも、生地選びもいろいろ拘って製作したので、古くなってもなかなか手放したり捨てたりはできません。

 

かつて一点物をたくさん販売していましたが、私の手元には何一つ同じものは残っていません。

 

私のファンのお客様が何年たっても大切にしていると言ってくださったことがありました。

 

とてもとても時間はかかるけど、機械ではなく手で作り上げていく作業の楽しさを、皆さんにも知っていただきたいなあと思います。

 

買ったものではなく、時間をかけて作ったものは、やはり愛着もありますし、仕事の合間に少しずつ進めて完成させることもできます。

 

ぜひ、皆さんもチャレンジしてみてください。

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です