原点回帰と直感

何かをしようとか、何かを決めなければならないとき、考えすぎると大抵の人間はネガティブになります。

即行動する直感人間に成功者が多いといわれたりもします。

ものごとが原点回帰することを知っていれば、ブレることがなくなります。

 

ネガティブな想いがわいてきたりもするのですが、それらを自ら叩き潰していくのです。

 

さて、原点回帰と直感とは?

原点回帰

皆さんも経験があると思います。

1、まず、始めに何かを思いつく。あるいはこうしようと決める。

2、暫く考えると不安要素が出てくる。

人に、相談したり話したりして、ネガティブな意見を言われる。たとえば、「そんなの無理だよ」など。

3、だんだん自信がなくなってくる。迷う。

ここで諦めてしまう人が大半。

4、時間の経過とともに、やらなかった後悔の念がわいてくる。

「やっぱりあのときこうしとけばよかった。」

 

 

どうでしょう?

原点に戻っていることに気づきましたか?

 

  1. 原点
  2. 他者もしくは、自己からの否定
  3. 疑念、不安
  4. 原点

 

こんな失敗を何度も繰返した結果、実際に行動に移してみたら形になったという経験のある人は、迷ったところで結局自分の直感に戻ることを知っています。

 

だから迷わずに即行動に移すのです。

それだけ無駄な時間をすごしてきたという思いがあったり、後悔しないためということもあるかもしれません。

 

たくさん失敗した、もしくは、運よくやってみたら成功することを知った、ということから、行動に移す大切さを知るのではないかと思います。

 

では次に、なにが「直感」なのでしょうか。

 

直感とは

人工のコンピュータの方が優れているなんて、私は考えない方です。

 

ただ、現代の日本人の脳は、もしかしたら不自然なものをとりすぎて、本来の人間としての力を発揮できていないかもしれません。

 

ネズミが火事のときに逃げ出すように、地震で鳥が飛び立つように、わたしたち人間にも素晴らしい機能は備わっているはず。

 

なので、私はこう考えています。

直感とは脳が瞬時にたたきだすその人の正解

だから、私は直感を信じています。

 

もちろん、過去に他人の意見をきいて何かをやめたこともあります。

 

でも自分のことですから、他人に自分の人生をあけわたしてはいけません。

 

後悔します。

 

 

想定の範囲内で動くことは誰にでもできます。

 

たいていの人は未知の世界に踏み込んでいくことを怖がります。

 

また、経験が少ないことを言い訳する人がいますが、たとえ10年しか生きていなくても、経験とはその10歳の子の経験だけを言うのでは無くて、彼らから見た周りの人間の経験、友人の経験、大人たちの過去の話、情報として入ってくる相当量のものも含むのです。ですから実際はその人がきちんと周囲を見て聴いていたかが経験値に加算されますから、年齢で経験値は決められません。

 

いま、何かに迷っているとして、自信を失いそうになっているとします。

 

本当に自分がやりたいことなら、私なら諦めません。

 

目の前の現実が、時間の経過とともに直感と大きくかけ離れていくこともあります。

 

心は折れそうになります。

 

でも、確かめてみたくないですか?

自分の直感が正しかったのかどうかを。

本当に不可能なのかどうかを。

 

 

また、願望と直感を同じように考える人がいますが、少しちがいます。

 

願望は確実にメリットがあります。過程を説明できます。

 

でも直感は

なぜそうなるのかわからないけど、そうなるとしか思えないこと。

それがよかろうと悪かろうと。

 

 

願望どおりにならないかもしれませんが、直感はとても不思議なパワーを持ちます。

 

五感を研ぎ澄ませてみてください。

そのために、正しいもので身体を作ってください。それも大切です。

 

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です