世界観

Sponsored Link

「人にはそれぞれ世界観がある」

講演に来ていただいた方はよくご存じだと思いますが私はここから話を始めます。

自分の世界がすべてと思った時点で、その人の世界はどんなに視野が広いつもりでも狭くなります。

 

人は似たような人を好みます。自分の指標が他人軸の人はやはりそういう指標を持つ人と集まるし、自分軸の人はやはり自分軸の人を好みます。

 

世界観をひろげる

世界観を広げるには、なにかに気づいて、今までと視野が変わることが必然です。

 

だから時折、自分を疑ってみます。なにもかも間違っているんじゃないかって。

 

そんな風に自分の脳神経科回路を潰して組み換える感覚をもつと、神経を繋ぐ感覚もつかめるようになります。

 

息子は歩くときに、以前とは異なる神経回路を使っているようだと言いますが、それは何事も同じだと思うのです。

 

私が書いたあの本には「下半身不随よ息子を歩かせた母の愛」などを伝えたいのではなく、もっと別の意図があります。それが読者さんにはきちんと伝わっているようで安心しています。あの中にちりばめたたくさんのメッセージは下半身不随とは関係ありません。

 

あれは、皆さんの世界観を変えるために、使ってほしいと考えて書きました。

 

ノンフィクションでありながらファンタジーでもあります。私はノンフィクションファンタジーというカテゴリを創っていくつもりです。

 

世の中にはニンゲンには理解できないことがまだまだあります。私達は、多分本当のことをわかっていないのでしょう。

 

だから、自分のちっぽけな世界観で、誰かをジャッジしないよう。世界をこうだと決めつけないよう、何よりも、自分にはできない、なんて思い込まないようにしたいと思います。

 

そして、一番大切なことは、自分を信じること。

 

成長していく自分、チャレンジする自分、懸命に生きている自分、失敗してもまた立ち上がる自分を。

 

世界は無限です。

 

今日も皆さんありがとう。

 
 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です