目には見えないもの

私達は、心というものを自分で認識しています。

 

例えば、誰かを好きだという感情。

 

他に、喜怒哀楽や、羨望、虚栄、妬みやっかみに至るまで、心の動きを自分で感知し、それを素直に表現したり、婉曲的に振る舞ったり、天の邪鬼になってみたり、綺麗事で飾ったりします。

それらは……

すべて、目にみえないモノ、ではないでしょうか?

 

きっと誰しも生まれてこの方、そんな心の動きを継続的に感じて、生きてこられたのではないでしょうか?

 

私は独自のエネルギー理論みたいなものを考えていて、著書にも一部述べてありますが、そのエネルギーの使い方によって、私達は様々な「結果」を得られると思っています。

 

またこれらは、血をこえて、種をこえて通じるものでもあり、霊体が視えたり、誰かが逝ったあとに起こる、ポルターガイストのような現象は、なんとも説明がつきません。

 

証拠を求めるために

「目にみえないものなど信じない」

と言う人も時々出くわしますが、自分の中の目に見えないものを感知しておきながら、目に見えないものを信じることができないとは、極めて滑稽かつ陳腐だと思うのです。

 

人間の60兆個の細胞が、まさか、地球の生命体のことをすべて把握できるほど、宇宙は単純ではないだろうし、何もかも根底から、人間の認知が間違っているという可能性も捨てきれません。

 

だから、人間のみが創造したエビデンスなるものを盲信するわけにはいかないし、それは、知的好奇心を満たして遊ぶこととは、別の次元で考えなくてはいけないと私は思うのです。

 

コニーサンのおかげで、私はまた新しい見解を得ることができました。彼は死ぬ間際も、私を見つめて何かを訴えていましたし、私も彼に対して放ったエネルギーが確かに彼に届いているのだという手応えがありました。

 

言葉で表すものと、この目に見えないエネルギーとは必ずしも一致しません。

 

皆さんもご存じのとおり、綺麗事とは、自分の心が綺麗でないと認識している人が使う誤魔化しの手法です。

 

浮気を隠すことも、自分の心を認識しているがゆえの行為であり、責任転嫁は、事実を受容したくない人が、目の前の報復しないであろう優しい人に、自分の心のバランスをとるためだけに、擦り付ける行為です。

 

人は自由に生きることができます。誰かに何かを強制し、おしつけたくなる支配欲は、その人の心の動きが大きく関与しています。

 

その目に見えない想いを、私はエネルギーと称しています。

 

このエネルギーには、数軸のように、ゼロからみて、プラスとマイナスがあるように見えます。

 

折角、ミトコンドリアがATPを産生してくれているなら、自分にとってプラスにエネルギーを消費したいと私は考えてきました。

 

最近、血のつながりや遺伝や、そもそもホモ・サピエンスのみに拘ることがなんだか面白くなくなりました。

 

土中の微生物から、埃に至るまで、こんなにたくさんの生命がいるのだから、ありとあらゆる生命体と出逢い、共生し、愛し合いたいと思います。

 

ま、生きているということは、共生しているとも言えるのですがね。

 

 

 

今日も私の命のために、死んでくれた生命すべてに、感謝の意を表します。

 

 

 

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です