自由に生きるためにまずしなければならないこと

私はとても自由な人だと言われることがあります。

自由に生きるとは金銭的なことではありません。

心が完全に自由です。何にも縛られないということです。

でもそれをするためにはまず、これは忘れてはいけません。

感謝

私はとても自由に生きているけど、家族が皆私と同じ価値観ではありません、当然。似てるけど全員違います。

まず弟のおかげで、私は両親と暮らさなくていい人生を送っています。

息子たちの父親が二人を戸籍に入れてくれてるから何かと助かったことはあります。

おじいちゃんやおばあちゃんは、彼らが風邪ひいたときには看病してくれたはず。

そして、息子たちが文句言わずに再婚した我が家に来たから二番目の夫と生活もできました。17年も。

息子たちは種違いの娘を普通に妹として可愛がってくれたから、元夫も息子たちを可愛がってくれました。

彼が血の繋がりをこえて、長男が一生寝たきりだと宣告されたとき、僕がみますと彼の父親に言ってくれたことは忘れません。だけど、お互いの方向性の違いから離婚しようと言う私の考えを受け入れてくれたことに感謝。娘がそれを勧めてくれたことにも感謝。

自分達とひとつしか違わない今の夫との結婚を祝福してくれた息子たちに感謝。

何度もそんなことをする私に文句ひとつ言わない親に感謝。

娘を引き取ろうと言ってくれた今の夫に感謝。

私と結婚することを反対されて身内と縁まで切った夫に感謝。

そして、こんなに自由に生きてる私の文章をどこかで読んでくれている人達すべてに感謝。

先日から毎日感謝のワークをしてるけど、余裕で100は書けそうです。ノートの都合上1ページで終わらせてはいるけれど。

感謝すべきことがあるというのは、それだけ我慢してくれていることがあるということ。みんな自分の人生を生きています。してもらって当然のことなんて何一つないので。

懺悔

我々先進国民のために、搾取されている途上国の人々に懺悔。

欲を棄てない先進国民のために、無惨な殺され方をする動物たちに懺悔。

戦争で命を落とした人々に懺悔。

武器を持たされた人々に懺悔。

自分が命を繋ぐために殺してきたすべての命に懺悔。

 

そして地球に懺悔と感謝

 

これを忘れては自由などありません。

生涯忘れずに、自由を貫きたいと思います。

Sponsored Link
Pocket