人を変えたいと思うことの意味

子どもをこんな風に

彼氏をこんな風に

彼女をこんな風に

部下をこんな風に

 

なんだか、いつも自分が正しくて相手が間違っているかのような意見が常に飛び交っています。

なぜなんでしょう?

 

 

例えば「人格を高めるために」などという体で、気づきは大切だとか、深いとか浅いとか····

浅くってもいいと思うのですよ。個人の人生においては。

 

もしも何を聞いても何を読んでも「気づき」なるものがないのであれば、その人の人生にはそれは、必要ないということなのでしょう。

とても苦労して70歳で逝く人もいれば、何ら困ることなく、人の気持ちがわからなくても笑って70歳で逝く人もいます。

多分、前者はいわゆる人間が定義した「人格」は高いでしょう。気づきも多かったかもしれません。

後者は様々なことに恵まれて、辛い人の気持ちも理解できなかったかもしれません。

でも、どちらが幸せかはわからないのです。

だから、誰かを変えようとしたりするのは、まるで自分だけが正しいのだと言っているかのようです。

 

 

気づくきっかけを与える人はいるかもしれません。

感謝はされるかもしれません。

でも、もしも誰かが気づきがあって変化したとしたなら、それは

その人が元来持っていた種に芽が出ただけのことなのでしょう。

 

出逢いも出来事も、産まれてから死ぬまでに膨大な数になります。

何に気づき、どう変化するのかは

みな同じではありません。

だからこそ、誰かにわかってほしいという気持ちや、誰かを自分の価値観に変えたいということに期待するのは、矛盾しているように思うのです。

 

ただ、どうも人間という動物は

誰かを支配して優越感に浸ったり、独りになるのが怖くて誰かをコントロールしたくなったりするもののようです。

私も若い頃は少なからず息子たちにそういう想いはあったと自覚しています。

男性との恋愛も、三人とお付き合いはありましたが、二度目はかなり彼に変わってほしくて四苦八苦しました。(三人とも結婚しました。笑)

 

最終的に彼には彼の価値観があり、彼はそのように生きていけばいいじゃないか、私は私の道を行こうと決めたので別れましたが。

 

いまは誰といても独りであることを自覚して生きています。

 

そのなかで、偶然子どもがそばにいてくれたり、誰かがそばにいてくれるなら、それは大いに感謝すべきことだと捉えています。

 

できる限り相手の想いを理解することで、お互いの生き方を尊重していくことができたら、人間とのお付き合いも楽になっていくのだろうなと考えています。

 

なぜ自分がそうしたいのか

答えはつねに自分の中にあります。

 

Sponsored Link
Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です