創造主になる

幼少期から師を持たず、誰かの教えを安易に信用しなかったのは、道筋を得たいからでした。

脳の表面にコピーアンドペーストしても、道筋は見えません。

何処かに迷い込み、出口がわからなくなって右往左往しているときなどに、他者の何か、動物の何か、自然の何か、宇宙の何かから導かれることもあります。

○○式であるとか、個人を崇拝とか、宗教に嵌まるとかで、出口を此処だと指し示されてワープしたところで、人々は腑に落ちないまま頭に答えを貼り付けるだけです。

何もかもを自分で辿って納得して初めて、腑に落ちるものなのでしょう。

銀河系にある地球のなかの、日本だけに偏ったモノの見方や考え方はあてにはならず、自分の脳の深部から思考回路がのびて表面までしっかりと繋がっていることでしか、信じることができません。

これらの思考回路は、常にアップデートする余地があるので、さらに枝分かれしたり、伸びる可能性を孕んでいます。

たとえばその道の出口が、至福であったり、治癒や良好な人間関係である場合、その道筋を伝えることができたなら希望に繋がります。

容易なことなら、道筋を訊くだけで辿ることができますが、そうでないなら、長い時間をかけて道を辿ることが必要になるでしょう。

そこまで、信頼できるような師が私にはいませんでした。

自分が体現することで、それを見た人が思い込みをはずし、可能性に気づくきっかけになれば幸いです。

だから何かを不可能だと決めつけず、ファンタジーの世界のように自分の未来を創造しながら、体現していきたいと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です