強がり

弱みを見せないということは、本能からの行いなのかもしれません。

動物が自分の体調がよくなくてもなるたけ普段通りにふるまうのは、相手に弱みを見せて狙われないための本能だと言われたりしますよね。

人間の場合は不自然な生活をしているので、本能が必要な場合と、弱みを見せてもよくよく考えれば「リスク」にはならないとわかる場合とに二分されます。

強がりが高じて「天邪鬼」になって、相手からすれば本心を読んであげなくてはいけない手を焼く人もいます。

もちろん、何でもかんでも泣かれても、セルフコントロールくらいできるようになってくれないかと思うこともありますが、それでも日頃頑張っている人々が、心折れたり、傷みに耐えかねて泣きたくなったりすることはやはりあると思うのです。

強がってしまう最大の理由は「相手を信用していない」ということではないでしょうか。基本、私たちは自己完結しなければいけない「動物」の一種です。弱みをみせれば、自分の立場が不利になる・・・・・そんな思いもあるかもしれません。

逆に他者に依存する人は、自分のことしか見えていなくて、相手の命の時間を軽く見てしまっているかもしれません。そういう点では強がりは「自立している」ともいえるでしょう。

ですが生物には感情があり、だからこそ「愛されたい」と願うのだとするなら、本当は他者と寄り添い合いたいはずです。孤独で幸せだと感じる人は、あまりいないのかもしれません。

動物でもニンゲンでも、もしも自分のすべてを受容してくれる相手が存在するなら、きっとその人の前では泣けるのです。怒れるのです。もたれかかることも出来るのです。

もし共生する動物が逃げたとしたなら?

家族が本当のことを話してくれないとしたなら?

自分の在り方を顧みた方がいいかもしれません。

心から信用できる存在があれば、人はそこを還る場所にできるでしょう。わざわざ強がって本音とは異なる無意味な言葉を誰かと交わす必要もなく、ストレートに伝えあい、助け合い、愛し合うことができるでしょう。

相手が人間であれ動物であれ植物であれ、相互扶助の関係になるには、まずは同じ生物としての力を信じることが大切だと思います。

 

自分はなにも偉くない。

みな懸命に生きている。

生まれたものは死ぬ。

他生物を殺して自分の命に転換している。

全生命が地球の仲間。

 

生きるために他生物を殺さなくてはいけないし、運悪く若くに殺されてしまうこともあります。

そういうものなのですよね。生物って。

地球のものを自分のものだと主張したり、自分だけ楽をしようとしたり、誰かを低く見たり・・・・そういうのって頭がよくないですね(笑)

どのような動物にも序列はあって、弱い個体を虐めるものはいますが、真のリーダーは平等に群れを率いる個体だと思うのです。変に自分の命を提供しないけれども、他者から搾取もしなかったり。地球を破壊するようなバカではなかったり。先住民の長にそのような考えをよく耳にします。

きっと霊長類や鳥類などのリーダー格にも、力づくでリーダーになるものもいたり、群れ全体から慕われる極めて頭の良いリーダーがいたりするのではないかと想像します。

つまり、わざわざ強がってリスク回避などしなくても、信じあえる存在をみつけることが、平和的に解決し、心の安定をはかる第一歩なのではないかと思うのです。

幼少期から親子でそれが構築されていれば良いのですが、日本ではどうもそうではない人が多いようです。ならば社会に出て他人と構築すればよいのです。血に拘る必要もないと思います。

視野をひろげて周りをみれば、信じられる人はきっと傍らにいるでしょう。

虐待されていた動物たちがファームサンクチュアリで他の動物と寄り添ったりしている姿を見たり読んだりすると、心が安定すれば、良い意識の循環がそのコミュにティ全体に感染するのだと感じます。

ただし忘れてならないのは「循環」です。決して一方的な「依存」にならないよう注意したいものです。相手はあなたの都合の良いロボットではありません。愛には愛で何かを還すことができて初めて、心の充足が訪れる群れを構築できるのだと思います。

強がる人、寄り添う相手、助け合う間柄・・・・・・みなバラバラなようでいて繋がっているのでしょうね。

 

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です