原因と結果 過去と未来

現在、起きていることは、全て自分が積み重ねてきた過去の結果です。

いい事も悪い事も含めて、植物が種から芽ぶき、やがて花が開くように、起こるべくして起きたこと。

 

以前、ある人から贈られた言葉があります。

「奇跡は準備が出来たものにだけ訪れる」

息子が歩いた時にメールで、それも英語で友人が送ってきたものです。

 

あれ以来、自分が納得がいかない世界に身を置くときは、きっと私に準備ができていないからだと考えてきました。

 

自分の信条においては、妥協したくはありません。

 

例え時間がかかっても、信条がブレては意味がありません。大切なことは結果だけではなく、命の時間を使って生きている「今」でもあります。

 

信条を貫いた「今」の蓄積による「結果」でなければ、誰のために生きているのかわかりません。

 

それでも、ときに、疲弊してしまうときもあります。そんなときは、自然の流れにただ流されていることも良いのではないかと思います。

 

090510_152516

 

そうすれば、知らないうちに要らないものが淘汰されて、素晴らしい自分の世界ができていたりするのです。

 

社会や誰かのせいにしたくはありません。
全ては自分の生きてきた過程からなるものだから。

もし何かが間違いだと気づいたなら、今、やめればいいだけの事です。明日も続ける必要がありません。

 

愛しているなら、愛していると伝えたほうがいいと思います。明日も生きているとは限らないから。

 

10000個の言い訳を考えている暇があったら、素直になって勇気を持って進みたいのです。エネルギーの無駄遣いをしないように。

 

挫けそうになったら、宇宙から自分を見下ろしてみてください。

 

地球という星の上で、日本という島の上で、ここに立つ自分。

 

あってもなくてもいいようなちっぽけな自分が、ちっぽけな事で悩んでいるかのように感じられるのです。

 

時に立ち止まって、走り続けた道を振り返らなくてはならないときもあるでしょう。そして、もしそれが違っていたと感じたならば、その瞬間から方向を変えればいいだけのことなんですよね。

 

生きている限り、誰もが最期の瞬間を迎えます。

 

その時に走馬灯のように蘇る記憶、自分の人生に「これでよかった」と言う為に生きていたいものですね。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です