心と身体を連動させてセルフコントロールする

笑っていれば気持ちも明るくなり、下を向いて歩けば気持ちがネガティブになる、などとよく言われますね。

 

運動すれば、気分が上がるのは皆さん体感されていると思います。

 

食べ物でも、好きなもので嬉しくなったり、嫌いなもので食欲をなくしたり、心は変わりますよね。

 

誰と一緒にいるかでも、心は変わります浮き沈みします。

 

そして、場所!!

 

案外忘れがちですが、私なんかは場所がとても重要です。

 

 

ある研究で、面白い結果が得られたそうです。

 

太陽の眩しさを継続的に感じていると、怒りの感情が芽生えやすいとか。 

 

眩しくて眉間にシワを寄せたり、目を細める表情は、怒りの表情と似ているため、脳が錯覚を起こすらしいのです。

 

外的なものから心がつくられるというのは、自分で考えているようで考えていないということになり、とても興味深いですね。

 

では内的なもの、つまり、心から身体は影響を受けるのでしょうか。

 

私はかなり前に、献血でB型肝炎にかかっていると判明しました。

 

浮気はしてないし、人の血を触ったこともないので、大きな病院で家族全員調べました。

 

娘を産んだ時に調べたのですが、その時はキャリアではなかったはずなんです。

 

家族も誰も罹患していませんでした。

 

行きつけの病院でも、調べてもらいましたがやはり結果は同じ。

 

年に一度定期検診が必要だといわれ、C型よりも厄介だとも言われました。

 

家族に血液は触らせないように気をつけて生活しました。そして、とても楽天的に

「治るだろう」とそのまんま5年ほど放置しました。

 

血液検査の機会があったので、ついでに調べてもらったのですが、医師は

「肝炎なんかなってないよ。その医者間違ってたんじゃないか?」

「その一人は先生よ、前のカルテ見てみて(笑)」

「ほんとだ!どうやって治したの?」

「治るって決めただけ!」

 

私はこの医院で、いつも娘の病気も自然治癒させるわと言って、診断だけもらってたことが多かったため、医師は驚きつつもそれ以上何も聴きませんでした。

 

治ってると確信してたので、調べてもらったんですけどね(笑)

 

次男の脚に腫瘍が出来て、良性か悪性かわからないと言われていたことがありました。かなり大きめの瘤でさわってもわかるようなものでした。

 

私はそれを「消す」と決めました。そして次男に言いました。

 

「私が消すから」

 

そして、ものすごいエネルギーを送りました。そして、私が確かめたいので直接次男を病院につれていき調べてもらいました。

 

消えていました。

 

私がエネルギーを送ったのは数日。

 

次男は父親とすんでいたので、私の家に来たのは翌月だったと思います。

 

長男の事故は、二度と歩けないと宣告された、腰椎がバラバラになって瞬時に酷い脊髄損傷の下半身不随。

 

初日です。

「私が歩かせる」

 

と決めたのは。

 

ひたすら考えました。

 

どうやって?と。

 

でも、本を読んでいただいた方はご存じだと思いますが、私は深刻な顔はせず、冗談を言いながら、淡々と介護をしました。

 

ま、結果はご存じの通りです。

 

 

 

外的な要因から心がつくられるなら、自分を信じたところで、あてになりません。

 

しかし私のように、脳で決めてからことを起こす人間もいるので、もしかしたら、外的なものに心が影響をうける、内的なものから身体を作るなど、タイプによって強さに個人差があるのかもしれませんね。

 

しかしながら、確かに私も外的な要因で、気分の上がり下がりはあります。

 

幸福を保つには

 

誰と

何処で

何を食べて

何を聴いて

どんな環境で

どんな風に身体を動かして

何をして生きていくのかなども、

丁寧に考えていくことができればいいのでは?(笑)

 

結局パラダイスを創るのは自分の想いだと思うのです。

 

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

Pocket