折れない心のつくり方(自然治癒力を高める5 心)

自然治癒力シリーズを4まで投稿していますが、誰しも辛く悲しい心を回復させることは容易ではありません。

私は多分、自他ともに認める「折れない」心を持ったジャンルのニンゲンです。

それでも2011年、半年間毎日泣きながら布団に寝たままで、家事も何もかも夫と小学生の娘がやってくれていた時期があったんです。

世間でいうところの鬱ですね。

けれども鬱さえ、結局、自力で治してしまいました。

子どもの頃に決めたことがある

まず生きる目的や目標を小学生の頃に決めていたことが、大きな理由のひとつです。

これを本気で決めていたことです。

 

プロフィールの欄にも書かせていただいていますが、私にとって

真実の追求

無人島で一人で生き抜くような強さ

というのは、逆境の時に必ず脳裏に浮かぶことなのです。

 

また、何かを選択しなくてはいけないとき

核は愛であるかどうかが非常に重要な指標となります。

 

どなたも感じていらっしゃると思いますが、多くの人は「損得」で動きます。生きるためには仕方のないことです。

ですからこんなことを指標にすると、人生大損ばかりするかもしれません(笑)

でもおかげさまで幸福という点では、満足できています。

ただ、知能が発達したと言われるニンゲンならば、目先の損得ではなく頭を使って助け合える人種がたくさんいても不思議ではないと考えています。

 

虐められていた時期があった私は、彼らがそれをして何が楽しいのかわかりませんでした。

私が病弱で休みがちだったからかもしれません。

誰とも話さないし、遊ばないし、そもそも体育も禁止されていたので遊べないし、マイノリティですからね(笑)

イジメなんてして喜んでいる人たちに負けるのは面白くないなと思ったわけです。

だから、無人島で一人生き抜くような強さを持とうと思ったわけなんですね。所謂完全な自立ですね。

先生は、私が虐められても知らん顔でした。何度担任がかわっても。

 

親は正直な人たちですが、私が悩みを一切話さなかったので、何も知らないままでした。

いつも誰にも相談せずに解決しました。

生きる目的も考えました。

生涯飽きずにできること、死ぬまで答えがみつからなさそうなこととかんがえると、これしかないと思ったのです。

真実の追求

そういうことを小学生の頃に本気で決めたから、ここまで笑って生きてこられたのだと思います。

離婚しても、子どもたちとの信頼関係は多分他のご家庭よりかなり強力です。三人の子どもは自分で考え選択できることや生きる力を養う事を基軸に育てました。おかげで、小さな頃から精神的に自立し、他人に左右されないような人間に育ったと思っています。

生きる力という点では、三人とも環境適応力が高く、精神的な強さも兼ね備えているので、私がいつ死んでも困りません。

子孫が自分で、選択判断でき、夢に向かって生きる力がある=幸福だとわかっているので、私には不安がありません。

また、価値を置く基準が他者と異なっているため、自分自身の中で常に幸福を見つけることができ、世間の動向に左右されません。

 

客観的に視る

鬱の時は、原因を自分の中に探しました。

絶望を感じていたので生きる気力がなかったのですが、本当にそうなのか?と自問自答しました。

そしてある日、真逆の部分に視点を転換させました。

他者が自分にかけてくれた命の時間、我慢してくれたこと、誰かを傷つけてしまったかもしれない出来事など。

鬱からの脱却は

自分が選択した結果が現在という自覚

自分の未熟さの反省からくる周囲への感謝でした。

 

その後は、いやな出来事も価値ある出来事に転換できるようになりました。

責任転嫁してくる人、意地悪をする人、陰口をたたく人、妬む人、利用しようとする人などなど。

ときにはそういう人と出会うことがあります。

でも彼らがなぜそうしたがるのか、潜在的な彼らの思考は何なのか、などと考え続けると、個人に対する感情よりも、そこには気づきと学びがたくさんあることがわかります。彼らの根底にあるのは恐怖心です。

真実の追求というテーマが大いに活躍してくれるわけです。

いかに人間が「思い込み」によって生きていて、自分のことすらわからなくなっているのか、そしてコミュニケーションがとれなくなって問題を起こしてしまうのかなどがわかるようになりました。

心理学などは一切勉強していませんが、子どもの頃からいつも周囲を見て聴いて考え続けた結果、私の頭の中で膨大なデータが蓄積されて、いつのまにか本質がわかるようになりました。

つまりは楽天的

小さなことにおいては変化は進化だと思っていますし環境適応能力の高さは生命力に直結するので臨機応変に対応できるようにします。

小学生の頃心臓が悪く、医師に

「17,8歳くらいになった時、寝ている間に死んでしまう可能性がある」

と言われました。

それなら今日死んでもいいように生きようと思ったのです。

嫌でもやらなくてはならないこともありますが、長期的に我慢が続くとこれに反していることになりますから修正するように努めます。

そして過去に拘るのはなるたけやめます。

つまり前に進むことです。

 

前に進むことを阻むものにこれらがあります。

執着・依存・嫉妬・見栄・虚栄心・承認・世間体・常識・嘘など

これらはなにひとつ、自分にとってプラスにならないので、このような考えを持たないようにしています。

 

指標を

愛・地球・自然の摂理・原理原則・共生・種の保存・循環

などにすれば、大抵の悩みはちっぽけでどうでもいことになるのです。

 

徹底的に現実を視る

これらは私にとっては徹底的に現実を視ることなのです。

そもそも生きている意味は、

食べて明日に命を繋ぎ、交尾して子孫を遺して死んでいく。

本来はこのくらいでしょう。

交尾しない場合は種の保存に貢献するという手もあります。

なんでも意味付けしたいのが多分人間という生き物なのです。

勉強も適度にしておかないと、それにかけた時間が惜しくて知識に傾倒しがちになります。

過去の研究や、実験として殺された膨大な数の動物には感謝と懺悔しかありませんが、知的好奇心すらやり方を間違えると「過ぎた欲」でしかないというのが現在の私の考えです。

出来る限り、他の生命をおびやかさないような学びをしたいと思います。

わからないことはわからなくていい

所詮地球の一部でしかない人間がすべてを理解できることはありません。

わからないことはわからなくていいという潔さも持っていたいと考えています。

昨今教育分野で叫ばれるような生きる力においてですが、思考より前に、まず親が与える食べ物や生活習慣の改善などから、細胞や感覚器を正常にすることが大切だと考えます。

できるだけニンゲンの創ったお話に洗脳されず、ゼロベースで考えてみれば、案外個人の問題など、簡単にクリアできるのかもしれません。

 

今日もみなさんありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket