定期的な運動はどんなことをあなたにもたらすのか

運動というと、キツい、苦しいというような学生時代のクラブ活動のようなイメージを抱いていて、途端に億劫になる人もいるでしょう。

私もそういうシッカリしたものを「運動」と呼ぶと思い込んでいて、2014年に初めて入会したスポーツジムで

「運動は高校以来していない」

と答えたら

「そんなわけないアスリートみたいなデータですよ。」

と言われ、毎日腹筋やフラフーブやっていたというと

「それを運動していると言います!」

といわれ、こんなことが!?とビックリしたことを思い出します。

現在はジムには通っていませんが、何かしら運動はしています。

雑誌で見たり、何となく始めたり、これ面白そう!という感覚で取り組むものがほとんど。

息子たちが小さい頃は布団を敷いて、飛び込み前転や、台状前転、外では馬跳びなんかを教えて一緒にやっていました。

私が今までにしたものは、どれも簡単なものです。これなら仕事と家事の両立をする時間のない主婦の方でも可能だと思います。

 

1、ラジオ体操

朝テレビをつけて家事の手を休めて15分だけ。毎日やります。これは10年弱続けました。

2、腹筋運動 30回

ジムに行ってから腹筋運動のやり方を変えました。かなり、間違っていたようでした。就寝前や入浴前など、必ず毎日行う活動の前後と決めるだけで継続は簡単になります。

3、フラフープ 1000回

だいたい20分くらいかかります。腰痛予防にいいと聞いてたので3年くらいやりました。お風呂上りにしていました。

4、スクワット 30回

ダンベルを持ったままやることもあります。歯磨きしながらとか、煮物をしている時に台所でなど。

5、ヨガ

ヨガのポーズの気に入ったものを数点。20~30分ほど。これは朝20分早く起きたときに。

6、朝ランニング 

5時くらいから30分ほど走っていました。現在は4時おきでお弁当と朝ごはんを作るのでランニングはしていません。

 

この中のどれか一つか、数点を組ませて、二十歳くらいからほぼ毎日やってます。

飽き性なので、しばらくしたらメインを変えます。

 

運動のメリット

1、血流改善

2015年まで、仕事で血流改善セミナーというのをやっていました。血流改善における様々なメリットはここでは記しきれません。研究会でも、血流改善で殆どの病気が治るだろうと聞いたことがあります。

2、ストレス軽減

週に4、5回、軽いものでいいので習慣化することで、ストレス軽減に有効だといわれます。運動することによって脳内から出るホルモンが、リラックス効果をうむそうです。ウォーキングなど、継続しやすいものをするとよいかもしれません。朝からラジオ体操やヨガをすると気分がとてもよくなります。

3、自分の身体に意識が向く

自分を大切にすると、他の人をどう大切にするかがわかります。自分の身体を大切にしない人は、他人も大切にできないと思うのです。まずは個々がしっかり自分の身体を守ること。薬剤やサプリに頼る前に、何十年と継続できることを選びたいものです。

少し気分が落ちてると思ったら早めに運動するようにしています。無理矢理でも三日ほど続けると気分が変化することに気づくと思います。

 

下記、タニタのページです。

その他にも生活習慣病の予防や、抵抗力を高めるなど、多くのメリットが書かれています。

参照:運動の重要性とその効果

ぜひ、試してみてください。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です