本当の自分を見つけてみる

自分の本心と向き合う人は多くはないように思います。

人は自分の中の、なにかのバランスをとるために行動しています。

自分で、自分の好きな部分と向き合うことは誰しも簡単ですが、そうでない部分も捉え方を変えれば、自分が楽になります。

 

大切なのは事実を受けいれること

事実を受けいれないと次には進めません。

逃げ続ける人はなにも変わりません。

 

だから、問いかけてみてほしいのです。

自分に徹底的に。

本当に変化したいのか?

変化したいと言いながら、本当に変化したい人はどのくらいいるのでしょうか。

そのままでいいというのも構いませんよね。別に変わらなくてもいいのなら、努力などしなくていいと思うのです。

まず、変わりたいのか?の問いを自分に投げかけてみることです。

優先順位

優先順位を明確にしていますか?

ブレル人とブレナイ人がいますが、ブレルというのは、何が目的で何が目標なのかも自分で決めていない可能性が高いです。

 

問題は探すから見つかる

単純です。

問題は注目すればそこに見えてくるものです。探さなければ、何も困ってなかったりします。

なぜ問題を探したいのか?

その問いを自分に投げかけてみることです。

 

欲する人の恐怖

もっともっとと欲することで見えるのは足りないという恐怖です。

足りないということは事実なのか?

なぜか、案外たりている人ほどこの恐怖は強いように見えるのです。

なぜ欲しいのか?

そこを問うてみてください。

 

妬みのもと

憧れや妬みはなぜわいてくるのか?

あなたが、幸福でないからです。

自分が幸せな人は他人を羨みません。

では、なぜ幸せでないのか?

そこを問うてみてください。

 

様々な問いを自分に投げかけてみよう

 

愛することとはあなたにとって何ですか?

 

相手のためという言葉は本当ですか?

 

なぜ、善人に見せたいのでしょうか?

 

なぜ嘘をついているのでしょう?

 

自分はいったい何が怖いのか?

 

そして、その恐怖は本当に起こり得ることなのか。

 

誰かに誰かの人生を決める権利はあるのか?

 

自由とはなにか?

 

命の時間を何に費やしているのか?

 

そして、本来はすでにあなたは

 

完成しているのではないか。

 

本当に変わる必要はありますか?

 

あるとしたならそれは何ですか?

 

明日に一歩進んでみてください。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です