手作りの虫除けスプレー

気温の上昇とともに、一斉に花は咲き植物たちは生長します。

緑が美しい季節です。

バラやハーブにアブラムシやシャクトリムシがついたり、知らない間に葉が葉脈だけになっていたり……

嬉しい半面、困った虫もたくさん訪問するんですよね。

そんな時に使うのが

IMG_20160523_124855

これです!

 

虫除けスプレー

●材料  スプレーボトル

     木酢液

     水

スプレーボトルに木酢液を入れて水を足します。100~500倍に薄めます。

 

炭の香りです。

炭を作るときに出来る副産物が木酢液なんです。ここにはたくさんの有機物が含まれていて、植物に浸透しやすく、栄養にもなるようです。ただ有害物質が含まれていて、しばらく置いてしっかり濾過した質のいいものを選ばないといけません。

安価なものは危険だそうです。

夫は子どもの頃アトピーで、入浴剤として木酢液を使っていたそうです。

さらにクオリティーの高いものを目指すなら、木酢液に赤唐辛子やハーブの抗菌作用の高いものを漬け込んでおきます。

そして私は除虫菊を育ててエキスを作ってあり、それを少し混ぜます。

FB_IMG_1464058605562

この花が除虫菊です。

除虫菊は人間や動物には害はないそうです。昔の蚊取り線香の原料ですね。

4年ほど前に漬け込んだエキスを使っています。

花には直接吹き付けないで下さい。茎や幹、葉っぱを中心にスプレーしながら、様子を見てください。

 

薄めから始めるのがいいと思います。濃いと葉が変色したりすることもあるので気を付けてください。100倍くらいに希釈。

 

木酢液の意外な効果と使い方←

 

人用の虫除けスプレーは

次回ご紹介します。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です