ハーブの使い方 マルベリー

マルベリー、いわゆる桑です。

蚕が食べるあの桑です。

昔はあちこちにあって子どもたちが遊びながらおやつに食べていたと高齢者から聴きますね。

これ、育てるのも簡単なんですよ。

今年の春はこんなの↓

IMG_20160410_094524

桑の木にはかなりの品種があって、もしかしたら皆さんの見たことのあるものと、異なるかもしれませんが、我が家ではこれがもう10年目。

例のバラたちが死んでしまった2014年の夏に、共に枯れかかっていたのですが、思いきって木全体を15センチくらいに切り詰めて、水やりをしていたところ、新しい枝が下から出てきました。それがいま1メートル弱になっていて、こうして実をつけてくれたわけです。

なんでも切っても切ってもまた生えてくるという生命力の強い木で、だから、という漢字ができたらしいですね。

この白いフニャフニャしたものがついているのが実なのですが、現在はこうなってます。↓

IMG_20160514_073845

最近は毎日収穫して食べています。

大きくなっていたときは、一日に数十個収穫してました。現在はまだ小さいので全部で100個とれればいいほうですね。

●実の効能

マルベリーには、アントシアニン、ビタミンB,C,鉄分、カリウム、マグネシウム、亜鉛などが含まれていて、スーパーフードですね!

おまけにオーガニックで育てていても虫がつきません。とっても楽な植物です。

園芸店で買ったとき苗は15センチくらいでしたが、きちんと毎年土がえして、堆肥や追肥をやっていれば、そんなに手をかけなくても大きくなります。

庭で地植えにしたら、かなり大きな木になるでしょう。

●葉の効能

マルベリーの葉のお茶は有名ですよね。スポーツジムなんかでもたくさん売られてました。

主要成分が、デオキシリノジリマイシン、ガンマアミノ酪酸、クロロフィル、フィトステロール、鉄、カルシウム、亜鉛。

血糖調整ができるといわれているので、糖尿病の方やダイエットをしたい方、生活習慣病予防におすすめのティーです。

糖質の吸収を抑えるので、食前に飲むのがいいですね。

実の味は甘ずっぱくて美味しいです。

味は土づくりに手を抜くと、微妙に落ちますが、たくさんとれていたときは、ジャムにしたりもしました。

我が家は苺も育てているので、少しずつ冷凍してたまったらジャムにするという手法で作ってました。

流行りのスーパーフードだけでなく、日本にある身近な植物にも注目してみてくださいね。

 

※参照;AEAJ メディカルハーブ検定テキスト

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です