農薬と添加物の落とし方

日本では安全な食べ物が何処ででも手にはいる、というわけではなさそうですね。

かといって、皆が自分で土から野菜を作るわけでもなく、外食をやめるわけでもないですよね。

完全に自然のもの、なんて夢かもしれません。

そこで、少しでも危険を回避したいかたに

私が参考にした本は1993年版。そこから少し抜粋します。

野菜編

●ほうれん草は茎の短く、葉が下から生えているものを。

茎が長いものは化学肥料が多い。

流水氏ながらのため水で洗う。

●玉ねぎ

皮を必ず剥く。水にさらすとgood。

●ネギ

外の皮を一枚とる。水にさらす。

●もやし

酢をいれたお湯で手早く茹でて調理する。

●ブロッコリー

小房にわけて塩水で洗い、流水で塩を落として茹でる。

 

他の野菜についても細かく書いてあります。完全に落ちるわけではなく、数割~8割くらい落ちるそうです。

旬のものを買うこと。できれば農薬を使っていないものを買うことはもちろんです。

果物編

●りんご

果皮とその下のクチクラ層を除く。

塩水につけるのもgood

●ブドウ

流水に10分つける。皮ごと口に入れない。

●バナナ

皮と、軸から一センチを捨てる

●イチゴ

ハウスものは農薬が多い可能性が高い。

ショートケーキのイチゴは危険。

●みかん

ノーワックスのものを。皮を捨てる。

●桃

表面を撫でて洗い、皮をむいてクチクラ層をとる。

 

魚編

●頭とワタは必ずとる

●エビの背ワタも必ずとる。

●腹の中まで洗う。

●あら汁は危険

●味付けのつけ汁は捨てる

●酢であらう。

 

などなど。まだまだあります。

 

他の食べ物編

●米

炊く前に一度水をとりかえる。

●パン

トーストすると臭素酸カリウムガ減る

●かまぼこ、ハム、ソーセージ

一度お湯につける。

切り込みをいれて茹でる。

●清涼飲料水

飲まない 

 

まだまだ詳しく書いてありました。

下記の書籍を参考にしています。

気になる方は読んでみてください。

でも一番は、野菜などは自分で作ることですね。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です