エステで使われているアレと家にあるもので作る美白パック

いつもパックを娘と二人分作ります。

かつては息子の分も、作ってました。

子どもでも作れるお手軽さです。

中高生の時ってニキビもあるし、男の子でもこういうパックなら使いやすかったようです。

ツルツルになった!と喜んでました。

だいたい、目分量でササッと混ぜて作るのですが、状態によって精油はチョイスをします。

 

セルフエステ パックのつくりかた

●材料

  1. ホエイ(ヨーグルトのあまりものでOK)
  2. 蜂蜜
  3. ガスール
  4. 精油
  5. キャリアオイル(なくてもいい)

IMG_20160513_184337

 

●精油は夏場なら美白を期待してラベンダーを使いますが、ニキビ対策なら抗菌作用を期待してティートリーもいれます。

 

精油は個々の状態に応じて選んでください。一回分で一滴から始めてください。

 

●クレイは保湿と吸着に優れているといわれて、エステなどでも使われていますよね。

 

●ホエイはヨーグルトの上に浮いてくる水分です。使用するなら、少しいいヨーグルト、甘みのはいっていないプレーンのものからとります。

 

ホエイの美白効果は有名で、高級化粧品などに使われていますよね。

 

水溶性のタンパク質やビタミン、ミネラルを含んでいると言われ、肌のターンオーバーを促すという噂ですね。

 

私はヨーグルトを常食するので、手軽にホエイでバックを作ります。

 

ただ、アフリカで抗生物質やホルモン剤を投与されていない牛の、搾りたての牛乳で自家製ヨーグルトを作って、そこからとれたホエイと、日本で売られているヨーグルトのホエイは同じとは思えないので、良さげなヨーグルトを購入して、多少妥協しつつやってます。

 

蜂蜜は保湿効果、殺菌効果、ビタミン、ミネラルを含み、アンチエイジング、ニキビにもいいと言われますよね。

 

常食しているものをパックにも使っています。品質のいいものを使ってください。

 

●私やこどもたちの場合は、誰もこれで肌が荒れたりはしていませんが、食べたもの、身体に溜めている毒素によって個々で体質は違うはずなので、パッチテストをして試されることをおすすめします。まずは、少量からトライしてみてください。

 

●一回分は100ccくらいが適当です。陶器で作ってください。プラスチック容器は変異しますので避けてください。

 

●かたさはクレイの量で調整します。顔に塗っても流れない程度のクリーム状。

私が長い間使ってるのはこれです。ご参考までに↓

 

某有名石鹸専門店で販売されているパックと同じくらいのかたさです。

 

※作ったらすぐに使うか、余った場合は冷蔵庫にいれて翌日には使いきってください。

 

パックを流したあとは、毛穴がスッキリして肌がプニプニになります。

 

朝にこれをすると化粧のりがいいですよ。

 

頻繁にするのはおすすめしません。10日に一回くらいで充分だと思います。

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です