動物と人間の関係性 彼らから学ぶべきこと3

昨年ハムスターの雌のココが8匹のベイビーズを産んだ数週間後に、続けて5匹のベイビーズを出産しました。

出産後、二週間くらいして、外に出たがる彼女を出したときに、迷路の中にいたコニーが出てきて、一瞬、追いかけてくっついたかのようにみえたことがありました。

そのときだったのだと思います。

さすがに立て続けに13匹も産んで、体の栄養が足りなくなったのでしょう。

まず、はじめのベイビーズがもらわれた先で一匹、半身麻痺になり翌日に亡くなりました。その1ヶ月半後、今度は雌のココが何だか動きがおかしくなりました。

すぐにココをケージから出して、他のベイビーズは部屋にはに出さないようにして、ココだけを迷路の箱の中でしばらく育てていました。

アロマオイルで抗菌や神経に良さそうなものをぬってあげていると、三日で走り回り、迷路からも飛び出るようになりました。安心してケージに戻したら、回し車で走りはじめました。ところが、数日後また動きが悪くなりました。

徐々に動きが鈍くなるなか、ココはそれでも片方の手と顔を使って座って餌を食べ、脚を自分で長い間なめて、少しずつ動かしていました。なくなる当日も僅かながら動かしてました。

1月28日の未明、いつものように私もココと一緒に起きて、食べている量を確認したのですが、大好きな向日葵の種もまったく食べていません。座って脚をなめているばかり。

トイレには行けないので、いつものように私に合図をしました。終わったらすぐに拭いてあげました。

 

一時間ほどすると眠ったので私もベッドに入ったのですが、なぜか寝付けず、5時前に再度ココが起きたとき、好きな豆腐もまったく食べないのでやはりおかしいと思いました。そして髭が一本抜けていたことがとても気にかかりました。

朝の家事をするためにキッチンにいた私は、部屋に放したココを娘に「みてて」と頼んだのですが、そのときココは自分で部屋の端からかなり移動していて、目を見開いて仰向けに寝ていたそうです。

娘が驚いて私を呼んだので、手のひらにのせると、初めて私の手の中で眠ったのです。麻痺してる方の身体をいつものように撫でてあげるとそのまま静かに眠りました。

だけどわかってました。飼い主を待って手の中で逝くハムスターがいる話を聴いたことがあったので。

ココはそのまま眠るようになくなりました。

きちんと私の気持ちが通じていたこと、そして最期に私の中で眠りたかったこと、たった9ヶ月の短い命なのに、たくさんの学びと幸せをココからもらいました。

そして、彼女が命にかえてこの世に送り出した子どもたちを大切に育てていこうと思っていました。

 

 

ココが亡くなった翌日のことです。

留守にしていた私は、娘に彼らをみるように頼んであり、娘はいつものように外に出たがる雄の子のモチと、父親のコニーを同時に外に出したのです。(モチの方はプラスチックのコロコロボールのなか)モチは、他の子には弱くてなにもしないのですが、コニーにだけは攻撃的で、以前ケージ越しに喧嘩してコニーが怪我をしたことがありました。

コニーはとても優しい性格で、あまり攻撃はしません。ココが亡くなったときもずっとココの身体を舐めてたような子なので。

迷路の端のお気に入りの場所できっとコニーは毛繕いでもしてたのでしょう。

 

子ハムのモチはとても俊敏なのです。走っている間に、娘が遊ばせていたプラスチックボールの蓋が開いてしまったようでした。娘がお風呂の掃除をして部屋に戻った数分後、なぜか迷路の中にいるモチと、迷路にいたはずなのに見当たらないコニー。

 

そこへ私が帰宅し、娘の悲壮な顔を見て、迷路の一部に被せていた蓋をとると、大怪我をした血だらけのコニーがいたのです。

 

両耳、顔半分、背中、鼻が噛まれていて、まるで別の子のようで、死んでしまうのではないかと思いました。すぐに抗菌のアロマオイルをぬりましたが、動揺がひどく、コートを着たままの私の服のなかに潜り込もうとします。

普段は寄ってくることはあっても、潜り込むことはありません。マフラーでふんわり包むと、私の胸のあたりで丸まって静かにしていました。安心できる場所を探していたのだと思います。

 

モチの方は、手を噛まれているくらいでほとんど怪我はなく、アロマオイルだけで、翌朝には治っていました。

 

つまり、体が大きいのにコニーは命の危険が迫るまで攻撃しなかったということです。

 

ココがベイビーズを産んだとき、ケージの周りをうろうろしてたコニーを思い出します。彼はいまたくさんいるそれぞれのケージの子が、自分の子どもだとわかっているのではないかと思いました。

 

モチは、ココとしか過ごしていないので、父親を知りません。

 

ココにたいしても、とても優しかったコニー。出産後もいつもケージ越しにキスしてました。でもこれ以上交尾してしまったら、ココが死んでしまうと思っていたので、亡くなるそのときまで、直接会わせることはしていませんでした。

 

事典に書いてあることは、ニンゲン目線の主観的なもので、私とはまったく異なる見解のものもあります。

 

ココは、雌として子どもをきちんと遺し、産まなければよかったとは思ってなかったはずです。

 

ただ今回の怪我は、抵抗をせずに大怪我をおったコニーがあまりにも不憫で、リスク管理の甘さを家族でしっかり話し合いました。

 

昨夜は一晩中コニーについていましたが、私が出来ることは、化膿させないようしっかり抗菌することと、栄養のあるものを探してあげることくらいで、コニーの自然治癒力にかけるしかありません。

 

ココは最期まで自分で動いていましたし、コニーも一声も鳴き声すらあげません。一晩中、痛いのか、座って眠らずにじっと耐えてました。手助けはしても、ニンゲンに出来ることなどよりも、彼らに任せる方が間違いないと思うので回復を信じます。

 

覚悟

ココとコニーが身体はって教えてくれたことはなんなのか。

娘が大事にしてた亀が、ベランダで夏の日差しで湯だって死んだことがあります。
ペット反対派の私は、それを娘がどこで買ってきたのかも知りませんでした。

 

動物が嫌いなわけではなく、玩具のように動物を飼うニンゲンが好きではないだけで、ペットショップだけでなく、サーカスもイルカショーも、水族館も、動物園も、すべて幼少期から好きじゃありませんでした。

 

しかしながら、不本意に始めた昨年のココとコニーの世話から、彼らとの意思疏通ができることがわかったのと、ネットや事典に書いてあることが、いかに主観的なニンゲン目線の考え方だったかと気づいたことは大きかったと思います。

 

野生に戻すには何処に連れていけばいいのかと調べるものの、多分彼らは、何世代も経て、ニンゲンの実験動物やペットとしてここまで辿り着いているだろうから、既に野生に放すことは、最善ではないのではないかと考えました。

 

起きたことは仕方ないから、治すために考えてあげなきゃいけないけれど、今後動物が豚であれ、ハムスターであれ、鳥であれ、犬であれ、きちんとひとつの命として、最後までしっかりと向き合うべきだなと。

 

生き物を飼うということはそういうことで、子どもと同じで最後まで親をやめないということが大切です。

 

誰かがやってくれるという依存と、慣れから来る油断はどんな場面も常に問題をひきおこします。ニンゲンより強く自立した彼らも、それぞれの習性があります。

 

リスク管理を家族ですり合わせ出来ていなかったのは、こちらの責任です。あと一歩踏み込んでリスク管理していれば防ぐことができました。

 

娘にははじめた責任があり、しっかりと覚悟してココとコニーのベイビーズをみていきなさいと話しました。

彼らには、自戒も含めて野生から道具のように連れてきたこれまでのニンゲンの行為について、心から申し訳なく思います。

 

可愛いことと、自分の「もの」にしたいのとは、まったく別で、そういったニンゲンの欲の深さが、ニンゲン自体の様々な問題をひきおこす原因だとおもいます。

 

ペットだけでなくなにかに対する執着は、ニンゲンに重くのしかかり、その人を海の底に沈めていきます。

 

私は、たとえ愛していても、何にも執着せずに、裸で持てるものを大切にしていこうと強く思った夜でした。

 

そして今日ココを、私のダマスクローズのバラの土に埋めます。彼女の身体は私の身体の中に、春に咲いたレダの花を通して取り込ませてもらいます。

 

たくさんの学びと幸せを、本当にありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です