諦観

諦観(ていかん)とは諦めることではありません。

仏教用語だそうで、物事の真理、本質をしっかり見極める、ということらしいです。

何かが進まないとき、その原因は何なのかと本質を見極めたり、行いや思考を改めたりすること、それはある意味過去の自分の考えを覆すことにもなり「諦める」ということにも繋がるのですが、執着を棄てることはいわゆる「悟りの境地」に近づくことにもなるでしょう。

虚栄心、支配欲、過ぎた食欲や、過ぎた性欲などに多くの人が翻弄されていますが、前頭前野が発達していればセルフコントロールができるようになるようです。

参照:前頭前野

頭が良くなると、多分ヒトも動物のように、最小限のエネルギーで最大の幸福を産み出せると思うのです。それはつまり、自己完結できる能力だと思います。

動物は自分のためにしか生きないのに「人のため」という言葉をつかう人は、往々にして承認欲や支配欲、虚栄心などを満たすためだったり、お金を手に入れる目的だったりするように見受けられます。

また、人々が群れを作るのは、死に対するリスク回避をするためでしょう。一人よりは多数の方が助け合えますし、知恵も享受できるでしょう。けれども群れは大きければ良いというわけでもなさそうです。

もしも他国を植民地にしたり「援助」などせずに放っておいてあげれば、その国の人々は今もバランスの良い数の人間がさほと自然も破壊せず、自給自足できちんと食べて生きていたかもしれません。先進国が自分たちを「優れている」やら「正しい」やらと定義した結果、余計に苦しめたのが世界の途上国であるかもしれません。

識字率100%に限りなく近い我が国の人々は最低限の知識を義務教育で得られます。テレビやネット、義務教育で世界のことを学ぶと、自分がいかに地球に迷惑な存在かを自覚せざるを得ません。

なぜそうなるのかと考えるとき、日本人は特に「頑張る」ことを美徳とし、他者の失敗を許さず、拝金主義であるからかもしれません。

頑張ることの定義が動物たちのような「懸命さ」なら美しいのですが、自分が納得できていないことに我慢し、他者の顔色をうかがい、仕方がないと自分に言い聞かせ、諦め死んで逝く……というパターンは非常に残念です。

参考:日本人がもつ恐怖遺伝子

 

幸福感が無いからなのか、他者で鬱憤を晴らす人が出現し「村八分」「虐め」「セクハラ」「モラハラ」「パワハラ」などの言葉が生まれ、ひいては国会でも罵り合いが横行するような国になっています。

他者を攻撃するのは自分の人生に納得できていないことが原因である可能性は高いと思います。ならば、やはり納得できる人生を各々が追求することが解決策なのではないでしょうか。

諦めるなら潔く、できないと認めることで、一歩前進するような気もします。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です