バラ図鑑をつくってみたPart 1

多分、花屋で切り花を購入するだけの人は殆んど知らないと思いますが、バラは花屋で売っているバラではないんです。

それぞれ歴史や顔があるんですね。人間が造り上げた世界だと思います。

今日は、大阪のとある有名な場所に行ってきました。かなり怪しい人に見えたと思われます····

バラには系統があり、原種から現代バラまで、品種改良などで分類されています。

まずはシュラブ系からご紹介します。

IMG_20160502_125914

Kathrin Morley

1990 イギリス

IMG_20160502_125838

Charles Rennie Mackintosh

1988 イギリス

IMG_20160502_125819

Abraham Darby

1985 イギリス

IMG_20160502_125758

Falstaff

1999 イギリス

IMG_20160502_125700

Mary Rose

1983 イギリス

IMG_20160502_125613

Winchester Cathedral

1988 イギリス

IMG_20160502_124847

Sharifa Asma

1989 イギリス

IMG_20160502_124725

Anbridge Rose

1990 イギリス

ここまではイングリッシュローズと呼ばれる有名な薔薇で、四季咲きが多く育てやすいです。香りは強いものが多いと思いますが、オーガニックで育てるのは、ちょっとした覚悟がいるかもしれません。こバラ園も当然農薬と化成肥料は撒いてありました。

IMG_20160502_124817

Angela

1988 ドイツ

 

ここからはハイブリッド·ティー系のものを。

 

IMG_20160502_125555

Lilac Time 

1956 ニュージーランド

IMG_20160502_125539

Oklahoma 

1964 アメリカ

IMG_20160502_125522

Papa Meilland

1963 フランス

IMG_20160502_125503

Pink Peace

1959 フランス

IMG_20160502_125434

Peace 

1945 フランス

IMG_20160502_125417

Mme Caroline Tertout

1890 フランス

IMG_20160502_125348

McGready’s Yellow 

1933 イギリス

IMG_20160502_125335

Gray Pearl

1945 イギリス

IMG_20160502_125318

Ophelia

1912 イギリス

IMG_20160502_125245Blue Moon

1964 ドイツ

IMG_20160502_125229

White Wings

1947 アメリカ

 

20種まとめてみました。まだまだあるのでPart2も是非!

※写真の転載はご遠慮ください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です