命が巡ること

多分人間というものは

そして動物というものは

命の循環させることが本来の目的であり

エネルギーは

前に向かって使う事こそ意義があり

子孫を遺すためには

たとえ自分の子孫でなくとも

命を燃やしていくものなのだと思う

自然の摂理に逆らうから

不幸になるのであり

逆らわぬものは

空虚感に苛まれることはないのかもしれない

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です