MAHIRO思考 12

何処かで倣ったことをわかった風に人に話すことと、身を持って教えること、つまり背中を見せることとは、一線を画す方がよいと私は考えます。

また、学ぶ側も、話を聴く側も、それが倣ったことなのか、御本人の体得からくるものなのかは認識した上で聴くことが大切です。

師の言葉は師のものである

どんなに憧れる方の言葉を使いたくても、その体験のない人からの言葉が、軽く滑稽に感じてしまうようなことは、どなたも経験されていると思います。

模倣で通用することと通用しないことがあり、思考や価値観などは、話す人の過去全ての経験から産み出されるものであり、暖簾分けは決してできないし、模倣も決してできません。

コピーアンドペーストした、自分でもよくわからない事を虚栄で語らないことが、表現する側の最低限の責任だと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です