MAHIRO思考 29

自分にとって良いことが起きたとき、または、自分にとって何か良くないことが起きたとき

人はとても都合の良いお話を創作します。

正当化とも言いますね。

 

人間は意味づけをする生き物である

 

後付けの創作はクリエイターとしては質がよくありません。

だから、前もってお話は作っておかないといけません。

起きてしまったことに後から意味をつけなくても、すべては自分がしてきた選択と判断の結果であり、悲しくても辛くても受け容れざるを得ないことなのです。

都合よく意味づけをしている自分の思考を理解していれば、納得のいく人生を生きることに繋がっていくのではないかと思います。

 

今日も皆さんありがとう。

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です