MAHIRO思考 33

誰もが同じ世界を見ていると思い込んでいる人は多いものです。

実は、あなたが見ている世界はあなただけのもので私が見ている世界は私だけのものなのです。

 

個々によって世界は異なる

あなたが見て感じてきたその記憶からなる価値観と、私が見て感じてきた記憶からなる価値観が同じではないのです。

味覚ですら同じだと証明できないし、視覚が異なることも視力検査で皆知っています。

それを理解できないと、他者を支配できると思い込んだり、正解をおしつけたりする人間になり、個人の価値観を尊重したり違いを認め合ったりすることができなくなります。

親子ですら世界観は異なります。

恋愛相手など、まったく異なる遺伝子と栄養素で細胞が出来上がったのですから、同じ価値観を求められたりしても返答にこまります。

ただし、群れて生きているのが人間で、広義で考えるなら個々の世界観の相違などどうでもいいことなのかもしれません。

平和的な群れを目指すなら、自他承認のできる解決策を模索していきたいものですね。

 

今日も皆さんありがとう。

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です