MAHIRO思考 51

日本は、識字率も100%に限りなく近く、明日食べるものや、服や靴でさえいくつ身体があっても足りないくらい持っている人も多く、食べ放題や飲み放題のお店に自ら脚を運びながら、痩せたいなどと宣う人々もいます。

ところが、他国や他生物のおかげで命をつなぐことに恵まれた私達の中にも、さらにまだ、欲を持つ人がいるのです。

 

執着する人は海の底に沈んでいる

 

物だけでなく、自分の恋人や、子供や、お金や、肩書や地位、名声に至るまですべて含みます。

過ぎた欲執着は、あなたの身体に重りとなって、一つ一つ鎖で繋がっています。

重りが増えるたびに身体が沈んでいきます。

何も持たない人は、浮かんだまま海の上で太陽の光を浴び、新鮮な空気をいつも吸うことができるのです。

 

今日も皆さんありがとう

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

0 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です